お問い合わせ

飲食店のサブスクリプション導入とは?事例やメリットを紹介

サブスクリプションサービスと言えば、「Apple Music」や「Netflix」などといった、音楽や動画のストリーミングサービスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

月額料金を支払うことで特定のサービスが使い放題となるサブスクリプションサービスは、もはや動画や音楽のコンテンツだけにとどまらず、さまざまなジャンルで広く普及する契約システムとなっています。

今回は、飲食店におけるサブスクリプションの導入メリットや、具体的な導入事例などを中心にわかりやすく解説していきます。

サブスクリプションとは

サブスクリプションとは、製品やサービスそのものを購入するという従来のシステムとは異なり、一定の期間に対しての利用料金を支払うことで、その製品やサービスを利用することができる定額制の使い放題サービスの総称です。

一般的には「サブスク」とも称されるこの新しい契約形態は、音楽配信サービスの「Apple Music」、動画ストリーミングサービスの「Netflix」など、さまざまなサービス展開がなされるようになりました。

あらゆるモノがあふれるようになった現代においては、各社のECサイトやショッピングサイトなどから手軽に商品を購入できるようになっています。その反面で、実際のユーザーはモノそのものを「所有する」ことよりも「利用すること」に価値を見出す傾向にあります。

飲食店のサブスクリプション導入が進む


こうしたサブスクリプションのトレンドは、動画や音楽などのコンテンツジャンルにとどまらず、近ごろでは飲食店におけるサブスクリプションサービスの導入も進むようになりました。

通常の来店時に利用できるようなサービスだけでなく、テイクアウト・デリバリ―サービスでも飲食店のサブスクリプション導入が進んでいます。

ウーバーイーツでもサブスクリプション導入

大手フードデリバリーサービスのウーバーイーツでは、2020年8月6日より、新たなサービスプランとして配送料の定額制(サブスクリプション)サービスである「Eatsパス」の提供を開始しました。

Eatsパス(月額980円)を契約することによって、1,200円以上の注文の配送料がすべて無料で使い放題となるため、ヘビーユーザーにとっては非常に大きなメリットがあります。

フードデリバリーサービスやテイクアウトへの需要が高まりを見せるなか、こうした使い放題プランの提供などは、今後の飲食経営における重要な要素のひとつと言えるでしょう。

テイクアウトのサブスクリプションも注目

ランチタイムにおけるテイクアウト需要にスポットを当てたお弁当のサブスクリプションサービスの「POTLUCK」などは、飲食業界における代表的なサブスク成功事例と言えるでしょう。

定額制のサブスクリプションサービスである「POTLUCK」は、ユーザーはあらかじめ決まった料金を支払っておくことで、1日2回までのお弁当の注文ができるようになるという革新的なサービスです。

3食トライアルプラン、12食プラン、毎日プランの3つプランに加えて、3食買い切りのプランなども用意しているため、それぞれのユーザーニーズに合わせて必要なプランを選択することができます。

こうした消費者の「モノ疲れ」ニーズに対応したサブスクリプションサービスの登場などは、現代の消費スタイルにマッチした革新的な販売手法のひとつであると言えるでしょう。

サブスクリプションの導入メリット

では、飲食店がサブスクリプションサービスを導入することによって、一体どのようなメリットが得られるのでしょうか。ここからは、飲食店におけるサブスクリプションサービスの導入メリットを3つのポイントに絞って解説いたします。

新規顧客の開拓

斬新なサブスクリプションサービスを提供することができれば、その話題性から、会員がSNSや口コミなどで店舗の情報を発信し、認知拡大や新規顧客の開拓につなげることができるでしょう。

リピーターの獲得

飲食店のサブスクリプションを利用しているユーザーは、損をしないように店舗を利用する機会が自然と増えるてくるため、リピーターの獲得や注文の多いメニューの傾向などを発見することができます。

安定した収入源の確保

歓送迎会シーズンや天候などの要素から、状況に応じて左右されがちな飲食店の経営ですが、定額制のサブスクリプションサービスを導入することによって、毎月の安定した収益を得ることが可能になります。

サブスクリプションの導入事例

では、飲食店におけるサブスクリプションの導入事例には、一体どのようなものがあるのでしょうか。ここからは、居酒屋、カフェ、ラーメン店の3つの店舗ジャンルから、具体的な導入事例をピックアップしてご紹介いたします。

居酒屋のサブスク導入事例

大手居酒屋チェーンの「金の蔵」では、通常1,800円の「プレミアム飲み放題120分」を、月額4,000円で毎日利用することができる「プレミアム飲み放題定期券」の提供を開始したことで大きな話題を呼びました。

金の蔵が月3回利用できるけど1回でほぼ元がとれる”プレミアム飲み放題「神」回数券”を発売開始!「金の蔵 公式アプリ」から購入可能

カフェのサブスク導入事例

スタートアップ企業発案の「CAFE PASS」とは、月額900円で個人店のカフェや喫茶店を含む全国の加盟店で、毎日3杯までのコーヒーを無料で注文することができるという、カフェに特化した月額制のカフェ巡りサービスです。
 

"定額制"でカフェ巡り。月額900円で3杯のコーヒーが飲める「CAFE PASS・LIGHT」の提供を開始。

ラーメン店のサブスク導入事例

ラーメンチェーンの「東京豚骨拉麺ばんから」では、秋葉原店と池袋東口店の2店舗において、月額6,800円で「ばんから」「つけ麵」「とんこつ」の3種類のラーメンのいずれか1杯が、1日1回無料で注文することができる「ラーメンパスポート」を提供しています。
 

「東京豚骨拉麺ばんから」「焼肉ホルモンばんから」2月3日(月)よりサブスクサービスをスタート

まとめ

飲食店におけるサブスクリプションサービスの需要は日に日に拡大している傾向にあります。

しかし、サブスクリプションサービスの提供を始めている店舗はまだまだ少なく、ブルーオーシャンな領域となるため、魅力的なサブスクリプションサービスをいち早く提供することができれば、他店との差別化に効果を発揮させることができるでしょう。

リピーターの獲得や新規顧客の開拓などのメリットも同時に見込むことができるため、興味のある方はぜひ一度、サブスクリプションサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 資金調達 IT化
2019.11.21
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の料金や手数料は?】仕組みやメリットも理解できる徹底解説!

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の気になる料金や手数料にも注目!】新型コロナウィルスで需要が高まるウーバーイーツの仕組みや特徴とともに、メリットを配達パートナー、ユーザー、加盟店である飲食店の目線からご紹介していきます。また、気になるウーバーイーツの料金や手数料もご紹介。外食控えが増えているなかで、飲食店にとってもコロナの売上対策となるウーバーイーツが注目されています。消費者も飲食店もチェックしておきたい内容です。

売上改善・売上アップ 飲食店 レストラン・カフェ
2020.03.09
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店】店舗登録の方法やメリットを解説!コロナで需要増?

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店側情報を解説】ウーバーイーツの店舗である加盟店について解説。コロナウィルスでの影響で飲食店の集客が苦戦する一方で、消費者はウーバーイーツへの注目が高まっています。ウーバーイーツの加盟店に関する概要、コスト、店舗登録方法を中心に解説していきます。どうしたら加盟店として店舗を登録できるのでしょうか。ほかにもデリバリーサービスがあるなかで、なぜウーバーイーツが特に注目されているのでしょうか。その秘密を紐解いていきましょう!

飲食店 レストラン・カフェ 売上改善・売上アップ
2020.03.19
コラム

ウーバーイーツの評判や口コミに注目!悪い評判はどんな内容?

ウーバーイーツ(UberEats)の評判や口コミに注目!今注目が集まっているウーバーイーツですが、その評判や口コミもチェックしておきたいところ。このページでは、ウーバーイーツに関する良い評判(口コミ)、悪い評判(口コミ)について双方をご紹介していきます。これからウーバーイーツへの加盟店登録を検討している飲食店にとっても参考にしておきたい世間の反応をまとめてご紹介していきます!ぜひチェックしてみてください。

インバウンド 集客改善・集客方法 レストラン・カフェ
2020.04.01

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。