お問い合わせ

【2020年最新版】人気マルチ決済サービス比較!費用や対応ブランドは?

キャッシュレス決済サービスを店舗で導入したいと考えていても、コスト面の問題やどのサービスを導入すればいいのかわからない、導入に手間かかかるなどの問題で利用できていないところもあるのではないでしょうか。
そんな悩みを解決できるのが複数の決済サービスに対応できる「マルチ決済サービス」になります。
今回は、人気のマルチ決済サービス5選の気になるコストや手数料、対応ブランドまで詳しく紹介していきますので、導入を検討しているオーナー様などは参考にしてみてください。

ガイドブック

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済サービスを比較

ダウンロードはこちら

マルチ決済サービスとは


まず「マルチ決済サービス」とは、クレジットカードやで電子マネー、QRコード決済などの複数のキャッシュレス決済サービスに対応できるもので、マルチ決済端末とも呼ばれています。
複数のキャッシュレス決済サービスを一括で導入ができますので、サービスごとに導入する手間や、万が一の場合の問い合わせ窓口もひとつになりますので管理がしやすいこともメリットのひとつです。

店舗がひとつの決済サービスよりも複数のサービスに対応していることで、集客や売上アップ、外国で利用されているサービスに対応している場合であればインバウンド対策も可能になります。

さらにPOSシステムなどと連携できるサービスもありますので、利用することでレジ業務の効率化や人件費の削減、売上の管理なども行えます。

マルチ決済サービス5選を比較

今回は人気のマルチ決済サービスである「Airペイ」「Uペイ」「Times PAY」「STORES 決済」「Star Pay」の5サービスついてコストや手数料などについて比較していきます。
どのマルチ決済サービスがいいの?とお悩みの方も、こちらを参考に自店舗にぴったりのマルチ決済サービスを見つけてみてくださいね。

Airペイ(エアペイ)

株式会社リクルートライフスタイルが提供している「Airペイ(エアペイ)」は、専用のカードリーダーと店舗でiPadもしくはiPhoneを用意することで導入可能です。
売上金の振込の際の手数料も0円になりますので、低コストで多くの決済サービスを導入できます。

【初期費用】
カードリーダー代:20,167円(税込)

0円スタートキャンペーン実施中
Airペイでは導入の際に必要になるカードリーダーやiPad(台数限定・無償貸与)が0円で導入することができる「0円スタートキャンペーン」を実施しています。新規の申し込みの1台目が対象となり、2台目以降は有料となります。
キャンペーンは予告なく変更や終了する可能性もありますので導入の際は注意しておきましょう。

キャンペーンの条件
・Airペイの新規申し込みであること
・申し込み月の6ヶ月後の月末までに審査を通過していること
・iPadの無償で借りる場合は実店舗であること

【月額費用】
0円

【決済手数料】
3.24%もしくは3.74%

【対応ブランド】
申し込み可能な「Airペイ QR」「Airペイ ポイント」の利用で、全35種類のキャッシュレス決済サービスに対応

決済の種類 決済サービス
クレジットカード Visa
Mastercard
JCB
American Express
Diners Club
Discover
Union Pay(銀聯)
交通系電子マネー Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
電子マネー Apple Pay
iD
QUICPay
QRコード PayPay
ⅾ払い
LINE Pay
au PAY
J-Coin Pay
WeChat Pay
Union Pay(QR)
Alipay
AlipayHK
Kakao Pay
Touch’n Go eWallet
EZ-Link Wallet
交通ポイント Tポイント
ⅾポイント
Ponta
WAON POINT
 
 

Uペイ

株式会社USENが提供している「Uペイ」は、専用の端末を無料でレンタルでき、店舗でiPhoneもしくはiPadを用意しアプリをダウンロードすることで利用できます。
24時間年中無休の電話対応や、全国の約150エリアの1,000名を超えるスタッフが設置をサポートしてくれますので、万が一の場合や深夜営業や年末年始の営業でも安心して利用できます。

【初期費用】
0円
※USEN専用端末(Android版)を利用する場合は33,000円(税込)

【月額費用】
0円

【決済手数料】
3.14%もしくは3.74%

【対応ブランド】
Uペイは、別途「Uペイ QR」の申し込みを行うことで全21種類の決済サービスに対応できます。
 

決済の種類 決済サービス
クレジットカード Visa
Mastercard
JCB
American Express
Diners Club
Discover
交通系電子マネー Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
QRコード PayPay
d払い
LINE Pay
メルペイ
Alipay
WeChat Pay
 
Uペイ

Uペイ

カードリーダー端末は無料レンタル!導入コストを抑えてお店のキャッシュレス化を実現

詳しく見る

Times PAY(タイムズペイ)

Times PAY(タイムズペイ)は、レンタカーや駐車場で有名なパーク24株式会社が提供している決済サービスになります。
初期費用にカードリーダー、プリンター、タブレットが含まれていますので店舗でタブレットなどの用意が必要なく、機器は通信設定済みのものになりますので届いてすぐに利用できますし、店舗で回線の工事などをしていない場合でも導入ができます。

【初期費用】
38,000円(税込)
決済機器3点:カードリーダー、プリンター、タブレット
※タブレットがレンタルとなり、レンタル料や通信費も含めて0円で利用可能

【月額費用】
0円
※タクシー事業者の場合、年間システム利用料18,000円発生

【決済手数料】
3.24%もしくは3.74%

【対応ブランド】
Times PAYを利用することでクレジットカードや交通系電子マネーの全15種類のサービスに対応できます。

決済の種類 決済サービス
クレジットカード Visa
Mastercard
JCB
American Express
Discover
Diners Club
交通系電子マネー Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
 
Times PAY

Times PAY(タイムズペイ)

タブレット0円で導入可能!ネットも導入工事も必要なしのクレジットカード決済サービス

詳しく見る

STORES 決済

コイニー株式会社が提供している「STORES 決済」とは、クレジットカードや電子マネーの決済に対応できるだけでなく、オンラインの決済に使える「STORES 請求書決済」も利用できますので様々なシーンで活用できるサービスです。
売上金の入金も、最短翌々日に入金可能な手動入金と毎月決まったサイクルで入金される自動入金から選択できます。

【初期費用】
専用のカードリーダー:19,800円(税込)

カードリーダー無償化キャンペーン
Uペイでは2020年5月から、条件を満たした方を対象にカードリーダー代が無料になるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの条件
・STORES 決済を新規で申し込みの方
・加盟店審査を通過している方
・審査通過月を含む6ヶ月以内にひと月でも合計20万以上の決済がある場合

さらにひと月50万円以上の決済がある場合には、もう1台カードリーダーが無料になりますので、複数店舗の営業をしている方やデリバリーやイベントの決済にも利用できます。

【月額費用】
0円

【決済手数料】
3.24%もしくは3.74%

【対応ブランド】
全14種類の決済サービスに対応しています。

決済の種類 決済サービス
クレジットカード Visa
Mastercard
JCB
American Express
Discover
Diners Club
交通系電子マネー Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
QRコード WeChat Pay
 
STORES 決済

STORES 決済(旧:Coiney)

STORES 決済(旧:Coiney)ならクレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応

詳しく見る

Star Pay

「Star Pay(スターペイ)」とは、株式会社ネットスターズが提供しているマルチ決済ゲートウェイと呼ばれる決済サービスです。Star Payを店舗に導入することで国内・国外のさまざまなQRコード決済サービスに対応できますので、訪日外国人観光客などの集客にも活用できます。
店舗で用意したスマートフォンやタブレットに専用のアプリをダウンロードして利用することもできますし、レシートを発行したい場合であれば専用の端末も利用可能です。

【初期費用】
タブレットやスマートフォン利用の場合:0円

専用の端末:35,000円
専用SIM:1枚500円/月

【月額費用】
0円

【決済手数料】
3.25%〜4%

【対応ブランド】
Star Payでは、国内だけでなく国外の全16種類のQRコード決済サービスに対応できます。

決済の種類 決済サービス
国内のQRコード決済 PayPay
LINE Pay
d払い
楽天ペイ
au PAY
メルペイ
ゆうちょPay
クオ・カード ペイ
J-Coin Pay
FamiPay
国外のQRコード決済 Alipay(中国)
WeChat Pay(中国)
Union Pay(中国)
VIA(東南アジア向け)
JKOPAY(台湾)
GLN(国際標準の企業・事業所コード)
 
Star Pay

Star Pay

複数のQRコード決済サービスを一つの端末で一括導入|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

まとめ

今回は人気のマルチ決済サービス5社の費用や手数料、対応ブランドなどをまとめて紹介していきました。
それぞれ低コストで導入ができたり、手厚いサポートやオンライン決済、インバウンド対策が可能などメリットが異なりますので、店舗での優先順位を決めた上で選択する必要があります。
まだ店舗にキャッシュレス決済サービスの導入をしていなかったり、さらに対応するサービスを増やしたいところであれば今回の記事を参考に店舗にあったマルチ決済サービスを選んでみてください。

ガイドブック

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済サービスを比較

ダウンロードはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

Times PAY(タイムズペイ)ならクレカ・電子マネー決済も一括導入!

コインパーキングの「タイムズ駐車場」でおなじみの、パーク24株式会社提供の「TimesPay(タイムズペイ)」。クレジットカードも電子マネーにも対応し、初期費用・通信費も0円ですが、こちらの記事ではTimes PAY(タイムズペイ)がなぜ様々な店舗で導入されているか、その理由を見ていきます。

キャッシュレス クレジットカード 店舗
2020.03.03
コラム

Airペイ(エアペイ)の導入費用・手数料・料金を他社比較!

マルチ決済サービスの「Airペイ」について徹底解説!導入の際に気になる手数料や料金、メリットを紹介し、他のサービスとも比較していきます。導入前や検討している方は必見です!

キャッシュレス
2020.06.08
コラム

電子マネー決済を導入するには?仕組みやメリット、導入サービスまで紹介!

電子マネーの導入方法やメリットおすすめの電子マネー決済サービスまでも紹介!アフターコロナでも安心して利用できる電子マネーについて徹底解説していきます。

業務効率化 店舗 キャッシュレス
2020.06.24
コラム

マルチ決済サービスで対応可能な決済方法・種類、導入メリットを徹底解説!

マルチ決済を導入すると何の決済に対応することができる?マルチ決済に対応できる決済の種類や導入によって店舗にどのようなメリットがあるのかなど詳しく紹介していきます。

キャッシュレス 集客改善・集客方法 飲食店
2020.07.31

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。