お問い合わせ

LINE公式アカウント(旧LINE@)のアカウント作成方法。基本的な設定と運用方法

「LINE公式アカウント」は、日本国内において月間8,400万人以上が利用しているLINEを通して、ユーザーへ直接情報を届けることができる便利な手法です。今や多くの企業や店舗にて導入が進んでいます。
本記事では、これからLINE@の運用を検討している人へ向けて、LINE公式アカウントのアカウント作成方法と基本的な設定と運用方法について解説します。

LINE公式アカウントとは

「LINE公式アカウント」とは、LINE株式会社が提供する企業や店舗などがLINE上にアカウントを作成し、友だちとして登録しているユーザーに情報を配信できるサービスです。LINEはこれまで法人向けのLINEアカウントとして、大手企業向けに「LINE公式アカウント」、中小企業・店舗向けに「LINE@」を展開していましたが、よりユーザー視点でLINEの法人向けサービスを再構築するためにLINE公式アカウントへ統合されました。現在では、37万を超える企業・店舗などがアカウントを開設しビジネスに活用しています。

LINE公式アカウントを開設することで、集客や販売促進、コミュニケーションツールとしてなど、さまざまな施策を実施することが可能です。

店舗やビジネスでLINEを活用する方法|SNSマーケティングをお考えの方へ

LINE公式アカウントのアカウント作成方法

それではさっそく、LINE公式アカウントのアカウント作成のステップを順に解説していきます。

認証済アカウント、未認証アカウントのどちらかを作成

LINE公式アカウントは、「LINE公式アカウントの開設」から申し込むことができ、すぐに発行・運用を開始することが可能です。

STEP①「LINE公式アカウントの開設」にアクセスし、アカウント開設をクリック
STEP②「認証済アカウントを開設する」または「未認証アカウントを開設する」を選択
STEP③LINEまたは、メールアドレスでログイン
STEP④必要事項を記入したあと、確認するをクリック
STEP⑤LINE公式アカウント作成完了
このときにSTEP③でログインしているLINEに作成されたアカウントがお友達登録されているか確認しましょう。

「LINE公式アカウント」の開設をサポート!詳細はこちら

認証済アカウント、未認証アカウントの違い

アカウント作成方法の際に理解しておかなくてはいけないのが、LINEアカウントの種類です。LINEアカウントには「認証済アカウント」または「未認証アカウント」の2種類があります。
「認証済アカウント」は、LINE社が規定する審査に合格したアカウントで、認証済みバッチやLINEアプリ内に検索結果に表示されるなどSEO対策のような特徴があります。とくに店舗や法人を対象としているので、個人の場合は審査がやや難しい傾向があります。

一方、「未認証アカウント」の場合は、審査に通してないアカウントとなります。そのため認証バッチの付与やLINEアプリ内の検索自体は利用できませんが、法人問わず誰でも取得しやすいアカウントであるという特徴があります。

LINE公式アカウントの基本的な設定

LINE公式アカウントの作成が無事に完了したら、次は活用を開始するための基本設定についてみていきましょう。

アカウントの基本情報(プロフィール)の設定

LINE公式アカウントは、企業や店舗に関連する情報を登録することが可能です。まずは基本となるアカウントのプロフィールページより設定を進めましょう。プロフィールページを設定する際、webの場合は右上の「設定」をクリックし、アプリの場合は「設定→アカウント」の順に進みましょう。

管理画面の入力

①アカウント名
友だち一覧に表示されるLINR公式アカウントの名前で企業名や店舗名で入力します。

②ステータスメッセージ
アカウント名の下に表示される一言メッセージです。アカウントから発信する情報をカンタンに説明したり、期間限定情報などを記入します。

③プロフィール画像
アカウントの画像です。
ファイル形式・・JPG、JPEG、PNG対応
ファイルサイズ・・3MB以下
推奨画像サイズ・・640px × 640px

④背景画像
プロフィール画像のバックに表示される横長の画像です。店舗の外観や内観、プロフィール画像だけでは伝えられない商品などを設定しているところもあります。
ファイル形式・・JPG、JPEG、PNG対応
ファイルサイズ・・3MB以下
推奨画像サイズ・・1080px × 878px

⑤認証ステータス
未認証アカウントの場合は、ここから認証アカウントへの申請を行えます。管理者のみ申請することができます。

⑥検索結果での表示
「表示」をクリックすると、アカウントがLINEの検索結果に表示されます。

⑦位置情報
企業や店舗の位置情報を設定することが可能です。

⑧背景デザイン
メニューバーの色を変更することができます。また、選択した色はトークルームの背景にも反映されます。

⑨アカウント情報
現状のアカウントが選択している料金プランやベーシックID情報が表示されます。

友だち追加時の自動応答メッセージの設定

LINE公式アカウントでは、自動応答メッセージの設定が可能です。ユーザーから送られたメッセージに含まれる「キーワード」に対し、どんな内容を返信するのか管理画面で設定することができます。個別メッセージについての運営方針や質問に対するお礼、対応などを記載するといいでしょう。またLINE公式アカウントでは、応答メッセージのほかにも、ユーザーからメッセージを受信した際、AIが内容を判別し適切なメッセージを返信してくれる「AI応答メッセージ」機能なども搭載されています。応答メッセージのように管理画面にてキーワードを設定する必要もないので非常に便利といえるでしょう。

公開設定

次に、メッセージ配信のテストまで終えたらLINE公式アカウントの公開設定をしましょう。基本情報の設定をした「設定」メニューより「検索結果で表示」の項目を「表示」変更します。
LINE公式アカウントの公開設定が完了したら、LINE公式アカウント(認証済アカウントのみ)が検索結果に表示されるようになります。

LINE公式アカウントの有料プランについて

つづいては、LINE公式アカウントの運用における料金についてみていきましょう。

LINE公式アカウントは、基本的に無料で始めることができます。アカウントを開設した時点では、全アカウントが「フリープラン」になっています。「フリープラン」では、1カ月に1,000通までのメッセージを無料で配信することが可能です。運用中に友だちが増え、1,000通を超えるメッセージを配信する場合は有料プランに切り替えなければいけません。

LINE公式アカウントの有料プランは、ライトプランとスタンダードプランに2種類があります。それぞれアカウントの友だちの人数やメッセージ配信の頻度によっても使い分けができるようになっています。
また有料プランのメッセージ配信は、従量課金制となっており、1通あたりライトプランは5円、スタンダードプランは最大3円となります。

たとえば、250人の友だちがいるアカウントの場合、無料メッセージは1,000通のため、友だち全員へ1ヵ月に配信できるのは4通までとなります。そのため、これ以上配信が必要な企業や店舗は、ライトプランへの加入が必要になります。
有料プランは、企業・店舗の規模、配信したい情報の量によってどのプランを選択するべきか検討するといいでしょう。

店舗やビジネスでLINEを活用する方法|SNSマーケティングをお考えの方へ

LINE公式アカウントの基本的な運用方法

LINE公式アカウントでは、メッセージ配信に加え、集客・販売促進に活用できる機能が充実しています。LINE公式アカウントで使える機能や基本的な運用方法についてみていきましょう。

メッセージ一斉配信

メッセージ一斉配信は、企業や店舗がユーザーへ宣伝やコミュニケーションの手段として、友だち登録をした人にメッセージを一斉送信することができます。メールよりも到達率と開封率が高く、気づいてもらえるまでの時間も短いのが特徴です。

タイムライン投稿

LINEアプリ内のタイムライン項目にあるフィードへメッセージ配信の内容や写真を載せることが可能です。たとえば、お知らせやキャンペーンなどを告知したり、記事を投稿し情報発信を行うことでWEBサイトや店舗への誘導が期待できます。
さらにタイムライン投稿は、友だちが「いいね」や「コメント」などもできるため、コミュニケーションツールとして活用したり、シェアしたくなるようなキャンペーンや企画を「シェア」機能で投稿することで、情報の拡散や友だちの獲得にも使えます。

LINEチャット

LINEチャットは、ユーザーからトークの送付があった友だちと個別にチャットができる機能となります。友だちの一覧・対応ステータス切り替え・友だちの情報・チャット設定などから構成されています。日頃使用しているLINEアプリように友だちと気軽にチャットで連絡をとることが可能です。

まとめ

 

今回は、LINE公式アカウントのアカウント作成方法と基本的な設定と運用方法について詳しく解説しました。LINE公式アカウントの作成は、企業や店舗の集客や販売促進に非常に効果的です。LINE@の運用を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にアカウント作成からはじめてみてはいかがでしょうか。

「LINE公式アカウント」の開設をサポート!詳細はこちら



 

おすすめ記事一覧

コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

飲食店 居酒屋・バー 集客改善・集客方法
2019.11.18
コラム

店舗やビジネスでLINEを活用する方法|SNSマーケティングをお考えの方へ

今回は、店舗やビジネスでLINEを活用する方法をお伝えしていきます。「集客はSEOやTwitterでも十分」という方は、ユーザーの満足度を高めることができるLINEを併用してみてはいかがでしょうか。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

飲食店 認知拡大 SNS
2019.09.25
コラム

【飲食店の集客方法10選】飲食店の開業資格から補助金も徹底解説!

飲食店の集客方法を厳選して10選ご紹介!自分の飲食店にどうしたらお客様を呼び込めるか、お悩みの方も多いはず。またこれから飲食店を開業する場合にもどうしたら集客ができるのか不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。このページでは、飲食店の集客に効果的な方法をご紹介していきます!また、今後飲食店を開業する方に向けて、準備から開店までの道のりや必要な資格についても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

居酒屋・バー 店舗経営 資金調達
2019.08.19
コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 資金調達 集客改善・集客方法
2019.11.21

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。