お問い合わせ

【徹底解説】集客に繋がるインスタグラムの効果的な運用方法!

10〜30代の若い世代が中心に使っているインスタグラム。若者にリーチするため、インスタを使った集客を考えている店舗も多いのではないでしょうか? 集客のためのインスタ運用には、コツが必要です。今回は、集客に繋がるインスタ運用の方法について解説していきます。
 

ユーザーは、あなたのアカウントにどうやってくるか?

インスタアクション
インスタは写真がメインのSNSです。しかし、写真をやみくもに投稿するだけでは、多くの人に見てもらうことができません。見てもらうには、フォロワーを増やす必要があります。フォロワーを増やすには、インスタグラムのユーザーがどのようにアカウントにくるかということを理解するのが大切になります。
 

①アクション

自分のアカウントに気づいてもらうための1つの方法としては、自分に興味を持ってくれそうなユーザーにいいねやコメントをするという方法があります。いいねやコメントをすると、相手に通知がいくので、通知によって自分のアカウントに気づいてもらえるのです。

商品やサービスのターゲットに近い人にいいねやコメントをしましょう。興味を持ってくれそうな方にアプローチすると効果的です。このとき、すでに知っている人ではなく、知らない人にアプローチするようにしてください。ターゲットを検索するには、インスタのハッシュタグ検索を利用するとよいでしょう。また、フォロワーが多すぎるアカウントにいいねやコメントをしても通知に気づいてもらえない場合が多いので、注意が必要です。
いいねやコメントなどのアクションは一見地味な作業で時間がかかりますが、フォロワーが少ない場合には、有効な手段です。
 

②投稿

いいねやコメントで興味を持ってもらっても、魅力的なコンテンツがなければユーザーは興味を失ってしまいます。自分のアカウントは、充実させましょう。ユーザーがアカウントをフォローするかどうかを判断するところは、アイコンやプロフィール、ギャラリーです。まず、アイコンやプロフィールを設定し、「自分はどんな人(店)なのか」をひと目でわかるような説明文にしてみてください。

アイコンやプロフィールが設定し終わったら、コンテンツを充実させましょう。ギャラリーは、世界観を統一しておくことが望ましいです。例えば飲食店だったら、テーマに絞って食べ物や内装などを投稿しましょう。このとき、写真が暗いと印象が悪くなってしまいます。撮った写真が暗かったら明るく編集し、写真編集アプリ(VSCOなど)を使って色味を統一していきましょう。
 

③おすすめ機能

インスタグラムの機能には、「おすすめ」があります。おすすめは、インスタグラムが自動で他のアカウントをすすめてくる機能です。プロフィールの下矢印を押すと、表示されます。

おすすめ機能からユーザーが訪問してくることもありますが、どんなシステムでおすすめ機能に表示されるかの基準が不明なので、おすすめ機能への表示を狙うというのはあまり考えなくてよいでしょう。
 

④タグつけ

「タグつけ」とは、他のユーザーの投稿に自分のタグをつけられて投稿されることです。主に知り合い間で利用されていますが、インフルエンサーが自店のお店をタグつけで投稿してくれると、宣伝効果になります。お店同士でコラボしているときにも利用できる機能です。
 

⑤外部

インスタグラムのアカウントに来る方法の1つとしては、外部からのアクセスが挙げられます。Webサイトに掲載されたり、雑誌に紹介されたり、友だちがTwitterでシェアしたりなどがあります。Webサイトや雑誌で紹介されれば、宣伝効果はかなり高いです。しかし紹介されるためには、アカウントのフォロワーが多いことや、投稿が注目されることが必要になります。
20

プロフィール設定

インスタにおいては、プロフィール文が顔となるため、どんな商品やサービスなのか、お店なのかというのが想像できる文になっている必要があります。こでは、プロフィールを設定するポイントについてお伝えします。
 

プロフィール文の書き方

プロフィールには、ユーザーがわかりやすいように、店舗情報やコンセプトなどを記載するとよいでしょう。店舗名、コンセプト、ジャンル(飲食店ならカフェなど)、どこにあるか、電話番号などを書いておくのをおすすめします。できれば、一番のウリについても書いてあるとアピールできると思います。
 

ターゲット選定

インスタを見て欲しい人はどんな人なのかターゲット(見込み客)設定をしましょう。すでに店舗のことを知っている人なのか、店舗のことを知らない人だけど興味を持ってくれそうな人なのかによって投稿の仕方が異なります。

時期によってもターゲットは変わってくると思いますが、現時点で誰に向けての投稿なのかがはっきりしていると、今後何を投稿したらいいか明確になります。
 

ハッシュタグ選定

ハッシュタグ検索をされるために、写真投稿と同時にハッシュタグをつけることはとても重要になります。最適なハッシュタグは、自分のアカウントに関係するものや検索されやすいタグです。投稿が多すぎるタグだと埋もれていまいますし、投稿数が少なすぎるタグは検索されないため、ハッシュタグ数は多すぎず少なすぎないものを使うとよいでしょう。

例えばカフェの場合、「カフェ」だけだと投稿が多すぎて検索されにくいですが、「原宿カフェ」と場所を絞ると検索されやすくなります。また、ハッシュタグは、1つだけでなく、関連するいくつものタグを同時につけましょう。#カフェ、#原宿カフェ、#原宿、#パンケーキ、#コーヒー、#カフェ巡り、#カフェご飯などをつけてみてください。何のハッシュタグをつけていいか迷うときは、検索の「タグ」に関連するワードを入れてみるのをおすすめします。候補のハッシュタグがたくさんでてきますよ。

投稿

インスタ投稿
インスタの投稿には、写真の投稿とストーリーズの投稿があります。2種類の特徴を理解して使い分けることが大切です。
 

写真投稿

通常の写真投稿は、ギャラリーに残る投稿です。ですので、投稿するときは統一感を意識した写真にすることが大切です。写真の内容は、飲食店なら実際の食べ物やお店の雰囲気、新メニューなどを載せるとよいでしょう。割引情報を説明欄に書くのも有効です。
 

ストーリーズ投稿

ストーリーズ投稿は、通常投稿とは異なり、24時間で自動的に削除されます。ですので、ギャラリーに残すと統一感がなくなる場合に使用したり、日常のささいな投稿に利用できたりします。

ストーリーズ投稿は、ギャラリーの統一感を崩さないというメリットがあります。ただし、24時間で消えてしまうため、記憶に残らない場合があります。
具体例としては、24時間だけ有効な情報や限定サービスの発信などが挙げられます。限定クーポンや商品やサービスのタイムセールスに有効です。

アクセス数確認

インスタのビジネスアカウントは、簡単なアクセス解析が可能となっています。インスタのアクセス解析機能を「Instagramインサイト」と言います。Instagramインサイトを見るためには、ビジネスプロフィールへの変更が必要になります。切り替え方法は、プロフィール画面の「オプション」から「ビジネスプロフィールに切り替える」をタップし、Facebookページと連携するだけです。

Instagramインサイトで分析できる代表的なデータは、以下のようなものがあります。

・インプレッション:表示された回数
・エンゲージメント:いいねやコメント、フォロー、保存の数
・プロフィールビュー:プロフィールを閲覧した数
・保存:投稿を保存したユニークユーザーの数

中でもプロフィールビューに注目してみてくだい。投稿を見て興味を持った人は、フォローするかしないか判断するためにプロフィールに飛びます。ですので、分析するときは、自分の投稿が、たくさんの人に見られているか(インプレッション)だけでなく、プロフィールまで飛んでいるかを確認することが大切になります。

まとめ

インスタ運用のポイントについて解説してきました。ユーザーがどのように来るかの導線を理解しておくことは、運用のためにとても大事です。また、ユーザーが来たときに、自分のことを正確に伝えることも重要になっています。プロフィールは、訪れた人にわかりやすいものにし、投稿は世界観を統一しましょう。

ユーザーを増やすために、自らいいねやコメントをするという方法をお伝えしてきました。これはとても有効な方法ですが、手間がかかる方法でもあります。当サイトでは、自動的にフォローやいいねができる、インスタタウンという自動運用コンサルティングツールをご紹介しています。インスタでの集客にお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。
 
20

おすすめ記事一覧

自動翻訳機選びのチェックポイント〜「イートーク」がおすすめの理由

今回は自動翻訳機が活躍するシーンや自動翻訳機の機能と選び方、そして最新で使いやすいおすすめ自動翻訳機「イートーク」をご紹介します。/デジタルトランスフォーメーション(DX)ならWizCLOUD(ワイズクラウド)。

飲食店 居酒屋・バー レストラン・カフェ 接客 インバウンド
2019.10.19

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

飲食店 店舗 居酒屋・バー 美容院・美容サロン レストラン・カフェ 業務改善 生産性向上 環境改善 IoT
2018.06.07

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。ーIoT・ICTのセレクトSHOPはワイズクラウドー

飲食店 店舗 居酒屋・バー 美容院・美容サロン レストラン・カフェ 業務改善 生産性向上 環境改善 IoT
2018.06.05

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

飲食店 店舗 居酒屋・バー レストラン・カフェ 集客改善・集客方法 IT化 認知拡大
2019.11.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。