お問い合わせ

情報漏洩を起こさないために必要な対策は?

近年、個人情報や機密情報の漏洩に関するニュースが多く報道されることもあり、情報セキュリティ対策の検討をすすめる企業も増えてきていると思います。万が一、被害に遭ってしまっては遅いため、まだ対策を行っていない企業は、早めに情報漏洩対策を行うようにしましょう。

今回は、個人情報などの情報漏洩が起こる要因や、その対策について、詳しく解説していきます。

情報漏洩とは?

いわゆる「情報漏洩」とは、企業が抱える機密情報や個人情報などの重要なデータが、なんらかの要因で外部に漏れてしまうことを言います。近年、インターネットの普及が進み、パソコンやタブレットなどのデジタル機器や、ビジネスでネットワークが広く使われるようになりました。

ビジネスとして顧客データや業務データの保存や管理がしやすくなった分、管理する情報量や対応する担当者の数が増えてしまい、情報漏洩につながるリスクもどんどん増えてきています。

情報漏洩はどんな場合に起こる?

では情報漏洩は、どのようなシーンで発生するのでしょうか。ここでは、情報漏洩が起こりやすい状況についてご紹介します。

情報の持ち出し時の紛失・盗難

情報漏洩が起こる要因の一つに、仕事上で情報を外部に持ち出した際に、そのデータや資料を紛失したり盗難に遭うケースがあります。最近は仕事で使うパソコンやスマホにも、さまざまな情報が入っているため、情報の取り扱いにはくれぐれも注意が必要です。

特に週末や、年末年始などの忘年会・新年会シーズンなどは飲み会も増え、酔っぱらって鞄ごと置き忘れてしまうことも多発します。起こるはずないと思っていても、高い割合で紛失や置き忘れが発生していますので、持ち出しルールなどを制定し、きちんと対策を行いましょう。

残存データからの漏洩

持ち出しや盗難以外にも、普段会社で使っていたパソコンやシステムなどが原因で漏洩することがあります。

たとえば新しいシステムやパソコンへ切り替える際に、もともとあった機器の中にこれまでのデータを残したままにしておくことで、そこから情報漏洩に繋がる場合があります。端末を処分したり、別の人に譲渡したりする際には、必ずこれまで使っていたデータが残らないよう初期状態に戻してから対処するようにしましょう。万が一データが残っていたら、次に使った人が不正に情報を得てしまうことになったり、そこで漏洩が発生した際に、残存していたデータまで漏洩させることになってしまいます。

不正アクセスによる漏洩

置き忘れや管理ミスに比べて、発生する割合は低いですが、インターネット経由で外部からの不正アクセスは頻繁に行われており、その攻撃方法も年々進化しています。外部からの不正アクセスは、マルウェアなどを使った攻撃が多いため、その被害を受けると、会社のシステムやパソコンに入っている多くの機密情報や個人情報を盗み取られることに繋がります。

不正アクセスの対策は、パソコンやネットワークにウイルス対策ソフトやシステムを導入し、社内外からの漏洩を防ぐことが重要です。

情報漏洩が発生する原因


参照:日本ネットワークセキュリティ協会

一般的に、情報漏洩が発生する原因には「紛失・置忘れ」 「不正アクセス」「誤操作」といった要因が、全体の約70%を占めています。ここでは情報漏洩が発生する原因について、具体的に解説していきます。

人為的なミス

まず多いのが「人的ミス」による情報漏洩です。本来、情報漏洩と聞いてイメージするのは、不正アクセスなどがありますが、実際のところ大部分を占めているのは、先ほど紛失や置き忘れなどを挙げたように「人的ミス」の部分になります。

たとえば、メールやFAXなどを送る際に、宛先や内容または添付するファイルを間違えるなどして、取引先へ別の取引先へ渡す情報を送ってしまったり、全く関係のない宛先に送ってしまうといった「誤操作」があります。

また決められた管理ルールがありながら、それを守らなかったために、結果として情報漏洩につながったケースもあります。もちろん社内における情報管理のルールに不備がある場合もありますので、ルールの見直しも行いながら対策をとっていきましょう。

外部からのシステム攻撃

情報漏洩の要因の2つ目には、外部からの不正アクセスなどのシステム攻撃が挙げられます。

不正アクセスというのは、第三者が外部から不正な手段で、会社のサーバーやパソコンにアクセスして、中に入っている情報データを盗むことを言います。システム攻撃の方法には、ハッキングなどによって取得したIDやパスワードを使って、社員などになりすましたり、ソフトウェアの脆弱性をついてシステムに侵入したり、またはマルウェアなどのコンピュータウイルスを送り感染させる、というようにさまざまな方法があります。

情報漏洩を防ぐための対策は?

ではこうした情報漏洩の発生を防ぐには、どういった対策が必要となるでしょうか。

人為的なミスを防ぐ方法

人的ミスで引き起こしてしまう情報漏洩に対しては、以下の対策をしっかりおこなえば防ぐことが可能です。

情報を社外に持ち出さない

紛失や盗難による情報漏洩を防ぐのであれば、基本的に社内で取り扱う機密情報や個人情報などのデータを社外に持ち出させないよう徹底することが重要です。重要なデータが入っているパソコンはもちろん、データを入れたUSBや書類などは、社外への持ち出しを禁止するといいでしょう。

ただしどうしても社外で使う必要がある場合など、重要な理由で持ち出さなくてはいけない場合には、持ち出し許可申請などのように、しっかりとルールを決めておくと良いです。

メールやFAXの送信時は宛先や内容の確認を怠らない

メールやFAXを送信する際は、まず宛先と送信内容に相違がないかしっかり確認する必要があります。社内の人間への送信であれば、少なくとも外部にい漏れる可能性は低くなりますが、取引先など外部の方へ送信する場合は要注意です。

たとえば同時に複数の相手に送信する場合など、宛先や添付ファイルなどが入れ違ってしまうことがあります。そのため、外部へ送信する際には、宛先や添付ファイルのダブルチェックを行うなどして、送信間違いがないようにルール作りをするなど対策をしておきましょう。

情報の破棄方法に注意する

不要になった書類やデータを破棄する際、大切な機密情報や個人情報が漏洩してしまうことがあります。個人情報などが書かれた書類は、ただゴミ箱に捨てるのではなく、シュレッダーにかけて破棄したり、データが入っていたパソコンは、中身を全て初期化してデータの消去をおこなったうえで廃棄処理を行うようにしましょう。

外部からのシステム攻撃を防ぐ方法

万が一、外部からのシステム攻撃を受けてしまって情報漏洩が起きてしまう前に、システム攻撃対策として、セキュリティの強化が重要です。

セキュリティ対策として、その方法はいくつかありますが、まずは社内で利用しているパソコンのOSは最新のものにするため、定期的なアップデートを行うようにしましょう。アップデートの際、セキュリティプログラムの更新も行われるので、古いままだと外部からの攻撃に対抗する力がなくなるので、システム攻撃を受けやすくなってしまいます。

またシステムやアプリケーションなどは、セキュリティの弱点である「脆弱性」という物があります。この弱点をついて、不正アクセスなどを行われることがあるので、OS同様にシステムのアップデートは行うようにしてください。これらのセキュリティ対策以外に、パソコンやネットワーク内外からの不正アクセスや、ウイルス感染を防ぐために、セキュリティソフトの導入もオススメです。

スマートUTM

スマートUTM

情報漏洩・セキュリティ対策はこれ1台でOK!?
月額3,000円でLAN内外の脅威からすべての端末を防御!

詳しく見る

まとめ

今回は、情報漏洩を起こさないために知っておきたい対策について解説してきました。企業の機密情報や個人情報など、万が一漏洩してしまっては会社の存続にも影響してしまうので、情報漏洩対策は早めに行っておく必要があります。
情報漏洩対策も、今すぐできるものから、予算や導入スケジュールなどを組まなくてはいけないものまでさまざまなので、用途や目的に応じて、しっかりと検討しましょう。

おすすめ記事一覧

コラム

【新型コロナウイルスの影響で急増中】いますぐはじめるリモートワーク!導入のために確認したい手順・注意点・ポイントは?

東京オリンピックが近まり、期間中の混雑緩和に向けて、テレワークやリモートワークが推奨されています。さらに最近では、新型コロナウイルスの影響を受けて、在宅勤務を行う企業が増えてきました。これにより、大手企業だけでなく中小企業の中にも、リモートワークを導入する動きが高まっており、改めてリモートワークの導入方法について解説していきます。

業務効率化 生産性向上 クラウドPBX
2020.03.16
コラム

テレワークはデメリットばかり?デメリットを解消して働き方改革!【事例あり】

時間や場所に関係なく働ける「テレワーク」は多くの企業が導入を進めています。今回は、テレワークが企業にどのようなメリットやデメリットをもたらすのか。合わせてデメリットの解消法についても解説していきます。緊急事態宣言の解除以降も、働き方改革としてテレワークは注目を浴びていくので、テレワーク導入を検討中の企業の方は参考にしてみてください。

オフィス・事務所 クラウドPBX IT化
2020.06.10
コラム

【企業向け】最大250万円!テレワークに役立つ補助金・助成金まとめ

2020年はテレワーク元年ともいわれ、政府や自治体ではテレワークを推進するための助成金や補助金が次々開示され、企業にとってテレワークを導入するなら今という流れですよね。しかし助成金や補助金の情報は複雑でわかりにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。こちらでは政府から開示されている「働き方改革推進支援助成金」や「IT補助金」、財団が開示している「テレワーク補助金」についてまとめました。給付対象や条件などもわかりやすくまとめてありますので、是非チェックしてみてください。

経費削減 オフィス・事務所
2020.06.17
コラム

緊急事態宣言解除後の企業セキュリティは万全?対策を一挙公開!

昨今のコロナウイルスの影響からテレワークを実施していた企業も、緊急事態宣言解除後された今、通常出勤に戻しているという企業も多いのではないでしょうか。しかし、テレワークをするために自宅に持ち帰っていたパソコンを、マルウェア(ウイルス)感染の有無をチェックせずにそのままオフィスのネットワークにつないでは危険です。自宅でマルウェアに感染していた場合、オフィスのネットワークを感染してしまい、甚大な被害を及ぼしてしまうかもしれません。本記事では緊急事態宣言解除後、テレワークで使用したノートパソコンや外部記憶装置などを、会社のネットワークにつなげるときに気を付けたいセキュリティ対策について解説していきます。

2020.07.15

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。