お問い合わせ

飲食店オーナー必見!東京オリンピックで外国人観光客を自店に集客する方法

いよいよ開催がせまってきた2020年の東京オリンピック。オリンピックによる経済効果では、インバウンド観光消費が注目を集めています。外国人観光客を集客するには、ポイントがあります。今回は、外国人観光客を自分のお店に集客する方法についてご紹介します。
 

東京オリンピックで予想される訪日外国人数

外国人観光客は年々増えており、2018年の時点では3,100万人が訪日しました。東京オリンピックの開催でさらに増加する見込みとなっています。東京オリンピックが行われる年は、一体どれくらいの人が訪日予定なのでしょうか? 2020年に予想されている訪日外国人の数は、約4,000万人です。非常に多くの外国人観光客が訪れる予定です。

オリンピック終了後の訪日外国人数についても気になるところですよね。日本は、インバウンドに力を入れており、2030年には約6,000万人の訪日観光客になることを目標としています。ですので、オリンピック終了後も外国人観光客は増えていくと予想されます。
 

外国人観光客を集客する方法

外国人観光客に来てもらうには、こちらからのアクションが必要になります。インバウンド対策をしたことで、2倍の売上になったお店も。ここでは、外国人観光客をお店に呼び込むためのポイントについてご紹介します。

 

①口コミを増やす

外国人観光客にとって口コミサイトは、情報を得る重要なツールになっています。外国人はどの飲食店に行こうかの判断するときなどに、口コミサイトを利用します。外国人観光客がよく利用するサイトは、以下の3つです。
 

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは世界の旅行者が口コミをするサイトです。毎月4億9,000人が利用しています。口コミは7億6,000万に達しています。
64

大衆点評

中国最大の口コミサイトが大衆点評です。中国は口コミ文化なので、口コミを参考にしてどこのお店を利用するか判断しています。大衆点評は訪日する中国人の45%が使用しているとも言われています。飲食店はぜひ利用したいところではないでしょうか。
65

ぐるなび外国語版

ぐるなびは日本の大手グルメサイトですが、外国語版のサイトもあります。食材や調理法について日本語で登録することができ、英語、繁体字・簡体字中国語、韓国語に自動翻訳されるシステムを搭載しています。飲食店をやっている人なら登録必須のサイトです。
 

②SNSを運用する

外国人観光客はInstagramなどのSNS情報も参考にしています。Instagramの運用ならハッシュタグが重要になります。外国人観光客が調べそうなワードを、写真の投稿と共につけておくといいでしょう。投稿のキャプションは、できればターゲットになる国の言語で書くことをおすすめします。

投稿する写真も大切です。外国人観光客が好みそうな日本文化に関する投稿をしてみてください。投稿後は分析することをおすすめします。いいねやコメントがどのくらいあったかはインサイト機能を利用して分析し、それに応じて投稿を変えていくとよいでしょう。
20

③HPやグルメサイトの多言語対応

お店のホームページやグルメサイトへの掲載文は多言語対応になっていますか? 電車の案内文やパンフレットなどは英語や中国語、韓国語など多言語対応になってきていますが、ホームページなどは非対応のところがまだまだ多いです。訪日している外国人の内、日本語を読める外国人は少ないため、ホームページは多言語対応にしておくとよいでしょう。

グルメサイトに投稿するとき、日本語を自動翻訳してくれるものもありますが、翻訳ができないサイトもあります。そういった場合は、グルメサイトに翻訳したものを載せてくれる代行サービスを利用するのも手です。
 

④旅行メディアへの掲載・広告出稿

訪日外国人向けのWebメディアに出稿することもおすすめです。力がある媒体を利用することで、新しい外国人観光客に見てもらえるでしょう。広告を出稿するときは、どの国から集客したいかターゲットを決めるのがポイント。また、目的を持つことも大事です。認知してもらいたいのか、予約してもらいたいのかによって掲載内容は変わってきます。

【地域別】外国人観光客はどんなものが好きか?

飲食店を運営するなら、外国人観光客の食の好みについて知りところですよね。ここでは、観光庁で発表されている、「訪日外国人客の満足した日本食」をランキング形式でご紹介します。

【中国人が好む日本食】
1位 ラーメン
2位 魚料理(寿司を除く)
3位 寿司

【韓国人が好む日本食】
1位 肉料理
2位 寿司
3位 ラーメン

【台湾人が好む日本食】
1位 ラーメン
2位 肉料理
3位 魚料理(寿司を除く)

【アメリカ人好む日本食】
1位 寿司
2位 ラーメン
3位 肉料理

国によって好まれている料理はさまざまということがわかります。いずれの国もラーメンの人気が高くなっています。寿司は意外にも、台湾や香港では人気が高くなく、アメリカの方が好まれています。上位にランクインする理由は、「美味しい」「品質がよい」「伝統的・日本独特」などが挙げられています。飲食を提供する上で美味しいかどうか、品質がよいかどうかは外国人観光客に見られている点と言えます。そこに付加価値として日本の文化が伝わる演出があれば、より喜ばれるでしょう。
 

まとめ

日本を訪れる外国人観光客へアプローチするには、SNSや口コミサイト、旅行メディアなどへの掲載が効果的ということをお話ししてきました。でも、「普段の業務で宣伝にかける時間があまりない」という方もいらっしゃると思います。そんなときは優先順位をつけるとよいでしょう。まずは、利用者の多い口コミサイトに登録しておくことをおすすめします。当サイトでは、トリップアドバイザーに掲載するためのサポートをしています。面倒な登録代行や写真投稿などを承れますので、興味がある方はぜひご利用ください。

>>お電話でのお申し込み  03-6757-9069
受付時間
9:00~18:00
定休日
日・祝日・年末年始

おすすめ記事一覧

自動翻訳機選びのチェックポイント〜「イートーク」がおすすめの理由

今回は自動翻訳機が活躍するシーンや自動翻訳機の機能と選び方、そして最新で使いやすいおすすめ自動翻訳機「イートーク」をご紹介します。/デジタルトランスフォーメーション(DX)ならWizCLOUD(ワイズクラウド)。

飲食店 居酒屋・バー レストラン・カフェ 接客 インバウンド
2019.10.19

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

飲食店 店舗 居酒屋・バー 美容院・美容サロン レストラン・カフェ 業務改善 生産性向上 環境改善 IoT
2018.06.07

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。ーIoT・ICTのセレクトSHOPはワイズクラウドー

飲食店 店舗 居酒屋・バー 美容院・美容サロン レストラン・カフェ 業務改善 生産性向上 環境改善 IoT
2018.06.05

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

飲食店 店舗 居酒屋・バー レストラン・カフェ 集客改善・集客方法 IT化 認知拡大
2019.11.18

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。