お問い合わせ

ICTって何?今さら聞けない「ICT」の解説と話題のICTシステムを紹介

ニュースや新聞だけでなく、日々の生活の中でも、最近「ICT」という言葉を目にする機会が増えてきたかと思います。令和の新しい時代に、急速に伸びてきたこの「ICT」というワード、みなさんはどういったものか理解していますでしょうか。

「ICT」とよく聞きはするけれど、実際は「IT」と何が違うのかわからなかったり、いまいちピンときていない人も多いと思います。そこで今回は「ICT」について改めて説明し、ITやIoTとの違いや、その活用方法などをわかりやすく解説していきます。

ICTって何?

ICTとは、情報伝達技術を意味する「Information and Communication Technology」の略称です。実用的な面で見ると、情報技術を意味する「IT」と、そこまで大きな違いはありません。かつて「IT革命」という言葉が流行したように、2000年代初頭は「IT」が多く使われてきましたが、国際的には「ICT」が一般的だったこともあり、近年は「ICT」という言葉のほうが広く使われるようになりました。

「IT」と比べると「ICT」は、情報や知識を共有することに重きをおいており、人と人・人とモノなど「コミュニケーション」面を強調しているのが特徴です。今後、AIや5Gなど新しい技術が発展していくことで、「ICT」はますます広がっていくと予想されています。

IT・IoTとICTの違い

では「ICT」と似ているイメージを持ちやすい「IT」や「IoT」とは、どんな点が違うのでしょうか。それぞれの特徴と違いについてご紹介していきます。

id="article-chapter-2-1">ITとの違い

ITというのは「Information Technology(情報技術)」の略称で、パソコンのハードウェアやソフトウェア、インターネット、OA機器といった情報処理分野に関するさまざまな技術のことを言います。

それに対して「ICT」は、ITに含まれるカテゴリの一つとして考えることができ、情報技術というよりも、よりコミュニケーション技術の重要性を強く押し出すものになります。単なる情報処理技術というのではなく、ネットワーク通信を利用した情報の共有などが重視されています。

それぞれの用途として「IT」は、コンピューター関連の技術そのものを指しますが、ICTは医療や教育など、さまざまな分野においてコンピューター技術の活用法を指す言葉として、使い分けがされています。

id="article-chapter-2-2">IoTとの違い

一方、IoTというのは「Internet of Things」の略称で、日本語だと「モノのインターネット」と訳されています。これはパソコンやスマホといった、従来からある通信端末をのぞいたあらゆる「モノ」が、インターネットと繋がる仕組みや、それに関連した技術のことを指しています。

「IoT」は、ICTの仕組みを製品に利用したもの考えることができ、最も一般的に馴染みがあるものとすれば、最新家電が代表的です。たとえば「Google Home」や「Amazon Alexa」などのスマートスピーカーや、レシピもチェックできるオーブンレンジなど、インターネットを使ったIoT家電がたくさん登場しています。

ICTはどんな事業に使われる?

今や、数多くの業界で利用されている「ICT」は、主に以下のような事業で広く活用されています。幅広い事業の中から、代表的な事業を4つご紹介します。

id="article-chapter-3-1">教育

ICTを使った教育方法は、近年の新しい学習スタイルとして、多くの学校で利用され始めています。ICT化することで、アナログで手間がかかっていた教師の業務負担の軽減を実現するほか、生徒にとっても効率的な学習に繋がっています。

具体的な活用方法としては、これまで冊子や紙で渡されていた教科書やプリントなどを電子化、タブレット端末の導入、プロジェクターや学習支援ツールの利用、などがあげられます。ICTの活用で電子化することで、業務負担の軽減だけでなく、紙代やプリントアウト代などコストの削減にも効果的です。

id="article-chapter-3-2">医療

教育だけでなく、医療分野においてもICTシステムの活用は急速に進んでいます。これまでは病院内でしか確認ができなかった、患者や症例などの情報を、ICTを使い病院や地域の枠を超えて共有することで、効率的で正確性の高い医療や介護の実現につながっています。

ただIT技術を使って情報を収集・蓄積していくだけでなく、それをお互いに共有して連携する体制を作り上げることで、地域医療の向上にも大きな効果をもたらしています。

id="article-chapter-3-3">防災

日本は、昔から地震や台風など自然災害が多い国だったため、防災体制は常に重要な課題となっていました。その中でICTを活用した取り組みとして、リアルタイムで津波などの浸水・被害予測を立てるシステムを構築しました。

これは地理空間情報とICTを連携させ、地域災害に対して予測・予防・対応力を強化していく仕組みを作り、被害規模の縮小と復興・復旧までのロスを最小限にするというものです。

id="article-chapter-3-4">農業

年々、高齢化が進み、後継者や人材の不足が大きな問題となっている農業分野では、ICTを活用した「スマート農業」の導入が進められています。大がかりな収穫作業をロボットやAI搭載の作業車に行わせたり、ハウス内の温度管理や水やりのタイミングなどを自動化して、農家の負担を軽減できるようにしています。

話題のICTを活用したシステム

ここでは、ICTを活用したサービスを3つご紹介していきます。

id="article-chapter-4-1">保育ICTシステム:コドモン

業務の過酷さや保育士不足など、さまざまな社会的問題を抱える保育業界では、早くからICTシステムによる業務負担の軽減が進められてきました。さまざまなICTシステムがある中、国内シェアNo.1を誇るのが、保育ICTシステムの「CoDMON(コドモン)」です。

保育園の登降園記録を、タブレット端末やICTカードで正確に記録できたり、保護者への連絡や急なお知らせなどもリアルタイムで通知が可能です。また保育士業務で大きな負担となっている、指導計画や日誌といった事務作業も3,000種類を超えるテンプレートやフォーマットによって、ペーパーレス・電子化を実現しています。日誌や連絡帳などの入力時間を大きく削減することで、子どもたちの保育に時間をかけられるほか、無駄な残業抑止にも繋がります。


>>シェアNo1の保育システムで業務効率化&コスト削減しませんか? id="article-chapter-4-2">テレワーク時代に最適:おうちワークBOX

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、今年多くの企業でテレワークの導入が急速に進みました。これまで会社へ出社して行っていた業務を、自宅で行うことも増え、それに伴いセキュリティ面など新しく注意しなくてはいけない点も多く見つかりました。

こうしたテレワークに最適なICTツールとして登場したのが、社内のネットワークと接続するリモートアクセスツールです。自宅にネットワーク環境さえあれば、専用のVPN装置を設置するだけで、簡単に会社のネットワークへ接続が可能です。

高度なセキュリティ証明書により、自宅から直接情報にアクセスするよりも漏洩などの心配が軽減され、安心して自宅から業務を行うことができます。


>>テレワークに最適!既存のネット環境に繋ぐだけワンタッチVPNの「おうちワークBOX」 id="article-chapter-4-3">業務効率化を図るRPA:WinActor Cast on Call

ICTは、単純な事務作業などの効率化を図れるRPAツールにも活用されています。RPAとは、ロボットを使った業務自動化システムのことで、毎日行う定型業務や単純な入力作業などを人間の代わりに行ってくれます。

これまで定型業務や入力作業に充てていた人員を、ロボットが代わりに行ってくれる分、本来やるべき業務に注力できるため、事務作業があったことで増えていた残業時間や従業員の負担軽減に繋がります。

また人的ミスや漏れなどもなくなるため、人の手によるチェックなども必要なく、安心して営業活動や新業務の開拓など、これまで着手できなかった業務を行うことが可能です。


>>従量課金型で業務効率化を図るRPA「WinActor Cast on Call」

まとめ

今回は、聞いたことはあるけれど実際よくわかっていない「ICT」について、ITやIoTとの違いなども踏まえてご紹介してきました。
遠い先のシステムにも思える「ICT」ですが、見渡してみると、すでにたくさんのICTが生活の中にあふれています。ビジネス面でも幅広いサービスが登場していますので、ぜひチェックしてみてください。

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

保育士処遇改善に効果的!使いにくいのは過去のこと?アップデートを続けるコドモンとは?

処遇改善手当として有名な、保育士の処遇改善のために厚生労働省が方針を定めて加算を行う制度。より待遇を改善するために園を運営・経営する側が考慮すべきなのが保育ICTシステムの活用です。保育士の処遇改善に効果的なコドモンをご存知でしょうか?コドモンは以前までは使いにくいという評判を見かけることがあった人も多いかもしれません。しかし、日々進化・アップデートを行っているのが、保育ICTシステムです。現状はどうなのか?どのくらい効果があるのか?ぜひ保育ICT化の参考にしてくださいね。

業績管理 業務改善 生産性向上
2018.05.15
コラム

保育ICTシステムのコドモンで保育園の事務作業を一気に効率化!

保育士の業務として負担が大きい、保育料の計算や監査対策。日々の日誌作成や保育の指導案作成などの事務作業もこれまでは時間がかかる作業でした。コドモン(CoDMON)は、指導案作成や日誌作成、園だよりや保護者へのプリント配布、園児の登降管理や登降に基づいた保育料の計算や請求など事務作業にかかる時間を1人あたり20時間も削減することが可能です。業務効率化によりより良い保育ができるうえ、コスト削減にもなる保育ICT化。ぜひコドモンでより良い保育の時間確保を行ってくださいね。

店舗経営 デジタルトランスフォーメーション(DX) 業務改善
2019.10.18
コラム

面倒な売上管理はPOSレジの「売上管理機能」で一気に効率化!売上管理にオススメのPOSレジも紹介!

今回は「売上管理機能」の大きな役割と、POSレジで売上管理をするメリットについて解説し、機能の備わった注目のPOSレジをご紹介したいと思います。

業績管理 レストラン・カフェ 業務効率化
2019.10.19
導入事例

Square 導入事例:串揚げと季節のお料理 さとう様

Squareの導入事例、串揚げと季節のお料理 さとう様 最も洗練された月額無料のカード決済サービス、どこでもカード決済が可能。通常は手数料が5%以上もするので導入するのがネックでしたが、Squareは手数料が※3.25%~と他社と比べてとても低く、さらに面倒な審査もいらずすぐに導入ができるという気軽さが決め手で導入をさせていただきました。※VISA、Mastercard、AMERICANEXPRESS、DinersClub、DISCOVERの5つの主要ブランドは3.25%、JCBは3.95%でご利用いただけます。金融機関を問わず振込手数料0円です。

レストラン・カフェ デジタルトランスフォーメーション(DX) 飲食店
2018.03.30
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

T.Tamura

ライター歴5年。ライターチームをまとめる責任者。店舗やオフィス、保育施設等のIT化・DX化、補助金に関する記事を中心に執筆している。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。