お問い合わせ

Facebookビジネスアカウントの作り方と運用方法。個人アカウントとの違いも解説

Facebookページはすでに多くの企業や店舗がマーケティング目的に運営しています。個人アカウントとは違い、複数人で管理できたり、広告を出稿できたりなどメリットの多いFacebookページ。

今回は、そんなFacebookページの運用を検討している方に向けて、基礎的なFacebookページの特徴をはじめ、ビジネスアカウントの作成方法や運用方法を画像つきで詳しく解説します。

【ビジネス向け】Facebookの使い方。設定〜基本的な使い方と用語説明

Facebookページとは 

Facebookページとは 、個人用プロフィールを利用してFacebookで開設できるページでのことをいいます。企業や団体、ブランドなどがユーザーとの交流や情報発信を目的に運用していることが一般的です。Facebookのアカウントを持っている人であれば、誰でもカンタンにFacebookページを作成することが可能で、複数の人が管理人として運用することができます。

個人用アカウントとFacebookページ(ビジネスアカウント)の違い 

Facebookページは、2013年以前はビジネスアカウントと呼ばれていましたが、現在では「Facebookページ」と呼ばれるようになっています。またFacebookの公式サイトでは、この「Facebookページ」について以下のように記されています。

”ブランド、ビジネス、組織、著名人が個人用のプロフィールを利用してFacebookでの存在を確立するためのものです。アカウントを持つ人なら誰でもページを作成できます。”

  引用元:Facebookヘルプセンター

では具体的にFacebookページと個人用のアカウントページではどのような点が異なるのでしょうか。以下の表にまとめてみました。

 

個人用アカウントページ

Facebookページ(ビジネスアカウント)

登録内容

実名

会社名・サービス名など

友達申請機能

あり(5,000人まで)

なし

ページの公開範囲

Facebook登録者に限る

一般公開

※Facebookの登録ユーザー以外も閲覧可能

個人への「いいね」やコメント

可能

不可

広告配信機能

なし

あり

インサイト機能

なし

あり

管理者

1人

複数人登録可能


基本的に、個人アカウントで投稿した場合は、GoogleやYahooなどの検索エンジンには引っかからないようになります。一方、Facebookページで投稿した場合は、これらの検索エンジンに引っかかるのが特徴の一つといえるでしょう。

Facebookページ(ビジネスアカウント)の作り方  

ここからは、Facebookページの作成方法についてみていきましょう 。

手順① 「Facebookページ」を作成する画面へログイン

まずは、ユーザーアカウントでログインした後、右上のメニュー内に設置された「作成」をクリックします。さらにその中の「ページ」を選択しましょう。

手順②ページの種類を選択しよう

次に、以下の画面が表示されるため、作成したいページの種類を選択しましょう。ここでは、「ビジネスまたはブランド」を選択するとします。

手順③ ページ名・カテゴリを入力

ページの種類を選んだあとは、ページ名とカテゴリを入力しましょう。「ページ名」には、企業名やブランド名などを入力します。「Category」には、商品カテゴリや業種を入力しましょう。
またその後に住所や電話番号を入力する欄が出てきます。住所の都道府県の欄については、英語で入力すると選択の欄が表示されるので、それを選択しましょう。

手順④プロフィール写真を追加しよう 

つづいては、プロフィール写真の追加画面が表示されるので、設定したい画像を選択し、「プロフィール写真をアップロード」をクリックしましょう。

≪写真の表示サイズ≫
PC・・160×160ピクセル
SP・・140×140ピクセル
MB・・50×50ピクセル

手順⑤ カバー写真の追加 

次にカバー写真の追加画面が表示されるので、こちらも設定したい画像を選択した後、「カバー写真をアップロード」をクリックします。

≪カバー写真の表示サイズ≫
PC・・851ピクセル x 315ピクセル
SP・・640ピクセル x 360ピクセル
MB・・表示されません

以上でFacebookページの作成は完了となります。

Facebook広告入門編。種類や費用、出し方など基礎を詳しく解説

Facebookページの基本情報の設定

ここまでの手順でひとまずFcabookページが開設されました。つづいては、Facebookページの基本的な情報を設定しましょう。

Facebookページは編集完了するまで非公開に

Fcabookページを開設したあとは、いったん非公開設定をしておきましょう。その理由は、今の状態ではまだFacebookページが整備されていない状態のままユーザーへページが公開されているためです。基本情報などの設定が完了するまでは必ず非公開の状態に設定しておきましょう。

非公開設定については、右上メニューの中の「設定→一般→公開範囲」から「非表示」を選択していきましょう。初期状態では、「ページは公開されています」が選ばれているため、「ページは公開されていません」を選択して、「変更を保存」をクリックしましょう。

つづいて、「ページを非公開にしますか?」が表示されるため、「このページはまだ準備中」を選択し、「次へ」をクリックします。

次に「ページを完成させるために必要なものはありますか?」のメッセージが表示されます。ただ、ここで質問に答えなくてもとくに問題ないのでそのまま「非公開にする」にしましょう。

ページ情報の編集方法

非公開設定が完了したら、次にページ情報の編集を行いましょう。事前に設定していた名前・カテゴリ以外に住所やサイトのリンクを設定しましょう。左側のメニュー内にある「ページ情報」より、事業内容・連絡先・公式ホームページなどの入力が可能です。

Facebook検索で友達、知り合い、お店のページなど見つける方法。相手にバレない方法も紹介

Facebookページを運用するときのポイント

Facebookページを運用する際は、なるべく投稿をこまめに行うことがおススメです。とはいえ、ただやみくもに更新すればいいというものではありません。更新を行うには、自社である程度運用方針を立てた状態で行うようにしましょう。Facebookページの運用時におけるポイントは以下です。

ポイント①ターゲットユーザーを明確に

ユーザーが興味を引く投稿を続けることでファンを獲得できたとしても、自社の商品を購入してくれるようなターゲットとなるユーザーでなければ、そもそも売上アップには繋がりません。そのため、自社の商品を購入してくれるターゲットユーザー像を明確にしてファンになってもらえるよう運用することが重要です。

年齢や性別などの基本属性のみならず、趣味や仕事、興味関心といった詳細プロフィールを構築することがはじめは大切です。

ポイント②ユーザーが役立つ情報を考え投稿する

毎回投稿を行うたびにアイディアがなくなり、つい関係のない内容まで投稿しがちですが、最終的な目的は投稿を見てくれたユーザーにどのようなアクションを起こしてもらいたいのかつねに考え投稿をすることが大切なポイントです。

最終的に商品を購入してほしいといった目的がある場合は、あらかじめ設定したターゲットユーザーの問題定義から解決につながるような投稿をするなど、ユーザーが役立つ情報を投稿してくことを考えていくことで自ずと商品の認知度アップにも繋がりやすくなるでしょう。

まとめ

今回は、Facebokのビジネスアカウントの作成方法と個人アカウントとの違い、運用方法まで詳しく解説しました。現在国内においても約2,800万人が利用するFacebookは企業の認知拡大には欠かせないツールといえます。また、自社ページの内容がユーザーに刺さることでファンを獲得することができれば、またそこから拡散される可能性もあります。まずは自社のファンを増やしていくためにもFacebookページから作成してみてはいかがでしょうか。

各種SNSのメリット・デメリットを徹底比較!インスタやTwitterの違いを知って集客方法を使い分け!


 

おすすめ記事一覧

コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

インバウンド 飲食店 SNS
2019.11.26
コラム

【成功の秘訣】店舗集客の成功にはインスタ・SNSが効果的!インスタ集客のカギとなる運用代行サービスで効率的な集客を!

今回の記事では、インスタグラムを用いた店舗集客の強い味方「インスタタウン」をご紹介します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

集客改善・集客方法 居酒屋・バー SNS
2019.03.05
コラム

インスタグラムのビジネスアカウントとは?メリットや作成手順、活用方法を紹介!

企業や店舗においてSNSを活用したマーケティングが注目を浴びるなか、インスタグラムのビジネスアカウントの利用ニーズが高まりを見せています。今回は、インスタグラムのビジネスアカウントとはどのような特徴があるのか、作成手順や集客に使える活用方法まで詳しく解説します!

居酒屋・バー 集客改善・集客方法 SNS
2020.03.03
コラム

飲食店のインスタ集客で成功する方法とは?運用のコツとポイントを解説!

インスタ集客に興味はあるものの、「何から始めればいいの?」というような悩みを持つ店舗オーナーも少なくないでしょう。インスタ集客で効果を出すためには、さまざまなコツが必要となります。本記事では、インスタ集客のメリット・デメリットから運用のコツや押さえておくべきポイントを徹底解説します。

SNS 認知拡大 飲食店
2020.03.03

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。