お問い合わせ

電子マネー決済を導入するには?仕組みやメリット、導入サービスまで紹介!

電車の改札口だけでなく、コンビニの支払いや買い物の場でも見かけることの多くなった電子マネー。専用の端末にタッチするだけで非接触で決済を行うことができるので、アフターコロナの影響でさらに注目されている決済サービスになります。
さまざまな会社からサービスが登場しており、導入の仕方や決済の方法がわからなかったり、どのサービスを選べばいいのか迷っている店舗も多いと思います。
今回は電子マネー決済を導入する方法や電子マネーの仕組みやメリットなど解説していきますので、電子マネーの導入がまだの店舗は是非参考にしてみてください。

電子マネー決済とは

電子マネーとは、専用の端末にカードをかざすだけで決済を行うことができるサービスです。代表的な電子マネーとして、SuicaやPASMOといった交通系の電子マネーや、WAONやnanacoなどの流通系の電子マネーがあります。
また最近では、カードだけでなくアプリに電子マネーの機能が搭載されているモバイル型の電子マネーも登場しています。こちらも電子マネーと同じく、スマートフォンを専用の端末にかざすだけで決済を行うことができます。代表的なモバイル型の電子マネーとしては、モバイルSuicaやiPhoneで利用できるApple Payなども登場しています。

電子マネーの種類は大きく「プリペイド型」「ポストペイ型」の2種類に分かれます。
「プリペイド型」は、電子マネーのカードやアプリに現金や紐づけているクレジットカードからチャージをして、チャージした金額の範囲で支払いを行うことができる前払い方式になります。代表的なプリペイド型の電子マネーは、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーなどの電子マネーがあります。
「ポストペイ型」は、クレジットカードなどと連携させて、支払い時にまとめて利用金額が引き落とされる後払い方式になります。代表的なポストペイ型の電子マネーは、iDやQUICPay+などがあります。

電子マネー決済の仕組み

電子マネーは、繰り返しチャージができるプリペイドタイプのカードもしくは、スマートフォンを利用して決済を行います。
電子マネーでの決済は多くの場合「非接触型IC」が搭載された電子マネーのプリペイドタイプのカードやスマートフォンを専用の端末にかざして決済を行う技術が使われています。日本では近づけるだけで支払いができる「Felica」という非接触ICの技術が用いられています。「Felica」は高速にデータを受信でき、セキュリティーも厳重で、電子マネーだけでなくマンションの鍵にまで利用されているほどです。

電子マネーで決済が行われた店舗には、決済のデータが電子マネー決済機関に送られます。決済機関へデータが届くと決済処理が行われ、決済手数料を差し引いた売上が後日入金される仕組みです。

電子マネー決済を店舗導入するメリット

電子マネー決済を導入することで、店舗にどのようなメリットがあるのでしょうか。

非接触での決済が可能になる

新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴い、非接触で行ことができる決済の需要が高まっています。電子マネーであれば、従業員とお客様の接触がなく決済を完了することができるので、電子マネー決済を導入しておくことでそういったニーズにも応えることができ、安心して決済を行うことができます。

多様な決済サービスに対応することでお客様の取り逃しを防ぐ

さまざま決済サービスが登場しており、どれかひとつの決済サービスを導入していても対応しきれない可能性があります。電子マネー決済サービスを導入しておくことで、それぞれのニーズのあるお客様に対応でき、お客様の取り逃しを防ぐ効果もあります。

業務効率化につながる

電子マネー決済を導入しておくことで、決済手順などの手間を少なくすることができます。お客様も複雑な操作は必要なく、専用端末にカードかスマートフォンをかざすだけで、簡単に決済を行うことができますし、店舗でも現金の受け渡しやクレジットカードのように認証などを行う時間もないのでスピーディーに決済を行うことができ、決済にかかる時間を短縮する効果があります。
さらに電子マネー決済が増えれば、その分現金の取り扱いが少なくなり、レジ締め作業にかかる時間も短縮することが可能です。現金などで起こりうるお釣りの計算ミスなどもなくなりますので、レジ締めの作業もさらに効率良く行うことができるでしょう。

電子マネー決済導入サービス

電子マネー決済について理解したところで、店舗の導入におススメの電子マネー決済サービスを紹介していきますので、導入がまだの方は是非参考にしてみてください。

電子マネー決済導入サービス(1)楽天ペイ

「楽天ペイ」は、楽天グループが設立した楽天ペイメント株式会社が提供している決済サービスです。「楽天ペイ」を導入することで、QRコード決済サービスの楽天ペイだけでなく、電子マネーはもちろんのことクレジットカード、楽天Edyや楽天カードなどの全21ブランドに対応することができます。
また、楽天のポイントがたまる、利用できるお店としてアピールができるので、楽天ユーザーのお客様の集客にも役立てることができます。
さらに入金の指定口座を楽天銀行にしておくことで、決済の翌日に自動入金が可能になります。振込手数料も無料になりますので、楽天ペイをメインで利用する店舗は楽天銀行を指定しておくことをおススメします。楽天銀行以外の銀行を指定した場合は、管理画面より振込申請を行うことで翌営業日に入金が可能ですが、振込手数料が1回につき330円かかります。  

楽天ペイの対応決済ブランド

楽天ペイは、2020年6月30日(火)まで決済手数料が全てのブランドで3.24%で利用することができましたが、2020年7月1日(水)以降から決済手数料がそれぞれで異なりますので確認しておきましょう。下記の決済手数料は2020年7月以降のものになります。

クレジットカード

決済手数料3.24%

VISA
Mastercard
American Express

決済手数料3.74%

JCB
Diners Club
Discover

電子マネー

決済手数料3.24%

Suica
PASMO
Kitaca
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
楽天Edy
nanaco
WAON

決済手数料3.74%

Apple Pay
Google Pay
QUICPay
iD

QRコード決済

決済手数料3.24%

楽天ペイ
au PAY

電子マネー決済導入サービス(2)STORESターミナル(旧:Coiney)

「STORES(ストアーズ)ターミナル」は、コイニー株式会社が提供する店舗向けの決済サービスになります。サービスが3種類に分かれており、クレジットカードと電子マネーに対応できる「STORESターミナル」と、中国の大2スマホ決済サービスのWeChat Payに対応できる「STORESターミナル(QR)」と、オンライン決済に対応することができる「STORES請求書決済」があります。

「STORES請求書決済」では、店舗で決済用のウェブページを作成し、お客様はそのページから決済行うことができるサービスです。店舗は請求書の作成や入金確認などの手間を省くことができ、新型コロナウイルスの影響で高まってきている、オンライン決済のニーズにもこたえることができます。ただし、STORES請求書決済に対応している決済ブランドは、VISAとMastercardのみになりますので決済時には注意しておきましょう。

さらに今なら通常19,800円かかるSTORESターミナルの専用端末代が無料になるキャンペーンを2020年5月1日より行っています。審査通過月を含む3ヵ月以内に、ひと月でも合計20万円以上の決済があれば専用端末代1台無料になります。一定の条件を達成すれば、端末代を無料で導入することができるので、コスト面で導入を迷っていた店舗も負担が少なく利用することができます。

Star Pay

STORESターミナル(旧:Coiney)

STORESターミナル(旧:Coiney)ならクレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応

詳しく見る

STORSターミナルの対応決済ブランド

STORESターミナルの対応している決済ブランドは以下になります。
電子マネーを利用できる端末は、iPhoneやiPadなどに搭載されているiOSのみ利用ができますので、導入前に確認しておきましょう。Apple payやGoogle Payは、Suicaに紐づいている場合のみ利用できます。

STORESターミナル

決済手数料3.24%

<クレジットカード>
VISA
Mastercard
SAISON CARD
American Express
<電子マネー>
Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん

決済手数料3.74%

JCB
Diners Club
Discover

STORESターミナル(QR)

決済手数料3.24%

WeChat Pay

STORES請求書決済

決済手数料3.24%

VISA
Mastercard

Star Pay

STORESターミナル(旧:Coiney)

STORESターミナル(旧:Coiney)ならクレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応

詳しく見る

電子マネー決済導入サービス(3)Times PAY(タイムズペイ)

「Times PAY(タイムズペイ)」は、コインパーキングの「タイムズ」を運営しているパーク24が提供している決済サービスです。クレジットカードや電子マネーなど全17ブランドに対応しています。

「Times PAY」を導入する際には、タブレット・カードリーダ・モバイルプリンターが必要になりますが、Times PAYの場合タブレットはレンタルで提供されるので店舗で用意する必要がありません。
タブレットは4G回線を利用するので、Wi-Fiが必要なく回線などの工事をせずに導入ができます。ネット環境をいままで導入していなかった店舗でも、Times PAYであればそのままの環境で導入することができます。導入の際にも専属のスタッフがフォローしてくれるので安心です。

Star Pay

Times PAY(タイムズペイ)

タブレット0円で導入可能!ネットも導入工事も必要なしのクレジットカード決済サービス

詳しく見る

Times PAY(タイムズペイ)の対応決済ブランド

Times PAYに対応している決済ブランドは以下になります。決済ブランドの取り扱いは他社と比べ少ないですが、万が一の場合でも年中無休のサポートセンターがあったり、回線工事必要ないので安心して導入することができるのがメリットです。

クレジットカード

決済手数料3.24%

VISA
Mastercard

決済手数料3.74%

JCB
American Express
Diners Club
Discover

電子マネー

決済手数料3.24%

Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
ICOCA
SUGOCA
manaca
nimoca
はやかけん
nanaco
WAON

Star Pay

Times PAY(タイムズペイ)

タブレット0円で導入可能!ネットも導入工事も必要なしのクレジットカード決済サービス

詳しく見る

まとめ

今回は電子マネーについて、導入の方法や仕組み、メリットなどを解説していきました。
キャッシュレス化の浸透や、非接触でできる決済のニーズが高まっていることから、今後さらに電子マネー決済の導入が必要になっていくことが考えられます。 おすすめの電子マネー決済サービスも紹介していきましたので、導入がまだの店舗は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事一覧

コラム

au PAYって?ユーザーの口コミ・評判をチェック

気になる「au PAY」の評判・評価・口コミを徹底調査!auPAYを導入したいけど、実際の評判はどうなの?と疑問を持っている方に必見です。ユーザーの声を知りたいという方は是非チェックしてみてください!

キャッシュレス 店舗 業務効率化
2020.01.31
コラム

Airペイ(エアペイ)の評判は?手数料・料金のほか、他社比較までチェック!

マルチ決済サービスの「Airペイ」について徹底解説!導入の際に気になる手数料や料金、メリットを紹介し、他のサービスとも比較していきます。導入前や検討している方は必見です!

キャッシュレス
2020.06.08
コラム

マルチ決済端末って?特徴やメリット、メーカーを解説!

複数のキャッシュレス決済サービスに対応できるマルチ決済端末について徹底解説!アフターコロナでも集客アップや業務効率化につながるマルチ決済端末。導入がまだの店舗は必見です!!

店舗 キャッシュレス 業務効率化
2020.06.25
コラム

d払いとメルペイのQRコードが共通化!メルペイの決済手数料は引き上げへ

「d払い」と「メルペイ」のQRコードがひとつに!統一のQRコードの登場によるメリットや手数料のキャンペーンを紹介していきます!

飲食店 業務効率化 集客改善・集客方法
2020.07.08

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。