お問い合わせ

出前館とAirレジが連携!連携メリットと連携方法は?

飲食店で、デリバリーサービスやPOSレジの利用をしているという店舗も多いのではないでしょうか。
デリバリーサービスの「出前館」とPOSレジアプリの「Airレジ」ではサービスの連携を行うことができ、連携によって単独の利用よりもさらにメリットを得ることができます。
今回は「出前館」と「Airレジ」の連携によるメリットや連携方法、そして業務効率化が実現できるサービスも紹介していきますので、出前館やAirレジを利用している店舗や、店舗の業務を効率的に行いたい方はチェックしておきましょう。

出前館とAirレジが提携


夢の街創造委員会株式会社が提供しているデリバリーサービス「出前館」と、リクルートライフスタイルが提供しているPOSレジアプリ「Airレジ」が業務提携を行ったことにより「出前館のオーダー管理アプリ」とAirレジを連携できるようになりました。

「出前館のオーダー管理アプリ」を利用して、出前館の注文状況や調理・配送の指示を行い、配達実績や売上実績の集計を行うことができます。Airレジとの連携を行ったことにより出前館での注文が自動でAirレジに反映され、売上情報の入力やレシートの出力も可能になります。

出前館とは

出前館は、サービス開始から20年経つ人気のフードデリバリーサービスです。2020年9月に実施された「宅配・デリバリーサービスを対象にしたサイト比較イメージ調査」では、「信頼できる」第1位、「配達員の質」第1位、「お得に利用できる」第1位と3冠を受賞しています。
飲食店側でも、タブレットもしくはスマートフォンを用意することで導入できるデリバリーサービスです。 出前館では、店舗の従業員がお客様のもとに商品を届けることも出来ますが、配達を代行してくれる「シェアリングデリバリー」を利用することもできます。いままでデリバリーを導入したことのない店舗でも、出前館であれば簡単にデリバリーサービスを始めることができます。
また出前館は様々なサービスと連携しており、LINEが提供している「LINEデリマ」やdocomoが提供している「dデリバリー」にも同時掲載されますので、様々な顧客層からの注文を受けることができます。

Airレジとは

POSレジアプリである「Airレジ」はレジ機能を0円で利用することができ、iPadもしくはiPhoneに専用のアプリをダウンロードすることで導入できるサービスです。
会計機能や売上分析、顧客管理などの機能を0円で利用することができますし、シンプルな作りになりますので、POSレジの利用が初めての方や機械の操作が得意でない方にもおすすめです。

出前館とAirレジを連携させるメリット

出前館とAirレジの連携によって、それぞれを単独で利用するよりもさらにメリットを得ることができりようになります。具体的なメリットについて紹介していきます。

軽減税率への対応

2019年10月から施行されている消費税の軽減税率制度では、出前やデリバリーが対象となっています。Airレジは軽減税率に対応していますので、出前館を連動させて注文を受けた際や店舗での注文など、複数の税率を取り扱っている店舗でも事前に軽減税率に対応する準備などを行う手間が必要なく、打ち間違いや計算ミスなど少なくする効果が期待できます。

飲食店の業務効率化

今回出前館とAirレジの連携により、出前館で注文された内容が自動的にAirレジに反映され、レシートの出力も出来るようになります。
出前館をレジと連動していない場合、出前館で受注した内容などをレジに入力する必要がありますので非常に非効率と考えられます。
今回の連携で出前館の受注から配送や会計の業務をスムーズに行うことが出来るようになりますし、注文内容も伝票で印刷し調理担当にわたすこともできますので、口頭で伝えるなどの手間もなくなり、業務効率化にも繋げることができます。

出前館とAirレジの連携方法は?

実際に出前館とAirレジを利用していても、まだ連携を行っていない店舗向けに、実際の連携方法を紹介していきます。連携には事前に両サービスの開始が必要になりますので、その点はご留意ください。

「出前館」サービス詳細ページを開く
[Airレジと連携する]をタップ
③出前館店舗コード入力画面の表示後、Airレジを連携する出前館店舗の店舗コードを入力
④店舗コードと出前館店舗名が表示され、連携する店舗にチェックが入っていることを確認
[Airレジと連携]をタップ、連携が完了すると自動的にサービス提案サイトである「Airマーケット」のページに移動
⑥連携完了後、Airマーケットの上部にある[店舗名]をタップし[ご利用サービス管理]をタップ。
[ご利用サービス管理]の画面で「出前館」が表示されていれば連携の事前設定が完了
⑦連携完了後、出前館の管理画面から「Airレジ商品連携」を行う

飲食店の業務効率化におすすめな商材

今回は出前館とAirレジの連携により、メリットや連携方法をお伝えしましたが、他にも飲食店の業務効率化におすすめのサービスがありますので紹介していきます。

UレジFOOD

株式会社USENが提供しているPOSレジ「Uレジ」は、月額9,980円から導入できるiPadを利用したタブレットPOSレジになります。
業種ごとに専用のアプリケーションが用意されており、飲食店向けのPOSレジアプリが「UレジFOOD」になります。「UレジFOOD」は、リアルタイムでの売上集計や分析、管理を行うことができ、飲食店に必要なさまざまな機能が用意されていますので、店舗の状況に合わせて機能を利用することができます。

UレジFOODは、様々なサービスと連携

UレジFOODは、フードデリバリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)」と、テイクアウトサービスの「LINEポケオ」と連携しています。
連携により「Uber Eats」や「LINEポケオ」での注文や会計処理を、自動でUレジFOODにて行うことができるようになります。手入力などの手間や打ち間違いなどのミスを軽減することができますので業務効率化が期待できます。

さらに、飲食店向けの予約・顧客管理システムである「TableCheck」とも連携が可能になります。連携によって予約情報や着席情報、会計情報などのデータが同期されますので、分析を行い売上アップやコスト削減などに繋げることができます。

Uレジ

多機能な飲食店向けPOSレジ「Uレジ」

連携機能多数で、経営の効率化に!サポート体制や月額費用はコチラからチェック!

詳しく見る

Uペイとの連携で二度打ち不要

Uレジと同じく株式会社USENから提供されている決済サービス「Uペイ」は、Uレジと連携することができ、Uペイでの会計の内容を自動的にUレジに反映することができます。金額の二度打ちが必要なくなり、会計処理の時間を短縮することが可能になります。
Uペイは、クレジットカードや電子マネーだけでなく「UペイQR」を同時に申し込むことでQRコード決済サービスにも対応することができる決済サービスです。iPhoneやiPadの用意することで、初期費用や月額費用が0円で利用することができます。

Uペイ

Uペイ

カードリーダー端末は無料レンタル!導入コストを抑えてお店のキャッシュレス化を実現

詳しく見る

まとめ

今回は出前館とAirレジの連携によってメリットや連携方法、他にも業務効率化が期待できるサービスも紹介していきました。
出前館とAirレジの連携によって、軽減税率の対応や業務効率化などさらに便利に利用することができるうようになります。
すでにどちらも導入している店舗は連携も簡単に行うことができますので、今回の記事を参考に連携を行っておきましょう。まだ、出前館もしくはAirレジのどちらかを利用している店舗でも、両サービスの利用でさらなる売上アップや集客にも役立てることのできますので導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえばポケトーク!?音声翻訳機選びのポイントを徹底解説

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

接客 レストラン・カフェ インバウンド
2019.10.19
コラム

防犯だけではなくスタッフの生産性も向上!?クラウドカメラの可能性を発見

クラウドカメラ・Drive光導入事例:豚しゃぶ 英様 防犯カメラを導入してからは、いつでも映像を見ることができ、私が不在の間もスタッフがお客様に対して真摯にサービスしているかを確認できるようになり安心です。初めは1つだけでしたが、お店の細部まで見られた方がいいなと感じ2個3個と増え、今では5つ設置しています。

レストラン・カフェ 美容院・美容サロン 居酒屋・バー
2018.06.07
コラム

店内だけでなく地域の防犯にも貢献!お店に関わる全てのヒト・モノを守るクラウドカメラで防犯対策

クラウドカメラ導入事例:呑ませ亭様 最初、営業のお電話をいただいたことがきっかけでWizさんにお願いすることになりました。防犯カメラは、店舗の入り口に外と中2つ設置してもらいました。防犯ももちろんですが、何かあったときのトラブルの回避にもなりますし、何よりお世話になっている地域の皆さまのためにも、店周辺の防犯にも役立てればと思い、設置を決めました。

飲食店 IoT 店舗
2018.06.05
コラム

Squareレジ(スクエアレジ)の機能や周辺機器、メリット・デメリットを解説!

タブレットPOSレジ「Squareレジ(スクエアレジ)」について機能やメリット・デメリットまで徹底解説!低コストで導入できるおすすめのPOSレジサービスも紹介していきます!

業務効率化 店舗 店舗経営
2020.07.20

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。