お問い合わせ

【おすすめデリバリーアプリ5選】テレワークにも最適なおすすめアプリは?

新型コロナウイルスの影響などから、デリバリーアプリの利用者数は全国的にも増加の一途をたどっています。

代表的なデリバリーアプリとしては、Uber Eatsや出前館などが挙げられるでしょうが、昨今においては大小さまざまなデリバリーアプリがリリースされており、配達地域や利用頻度に応じても適切なサービスは異なると言えるでしょう。

今回は、デリバリーアプリのおすすめ5選のご紹介に加えて、デリバリーアプリの選び方のコツなどにも焦点を当ててわかりやすく解説していきます。

デリバリーアプリの選び方のコツ

まず最初に、デリバリーアプリの利用にあたっては、以下の5つの項目を意識したアプリ選びが重要となります。

特定ジャンルで選ぶ

食べたいジャンルがあらかじめ決まっているような場合には、特定の店舗やジャンルに特化した専門型のデリバリーアプリを選んでおくことが重要です。

たとえば、ハンバーガーやピザのデリバリーの場合であれば、マクドナルドの公式アプリやピザハットの公式アプリなどを検討すべきでしょうし、カレーやお寿司のデリバリーの場合であれば、CoCo壱番屋の公式アプリや銀のさらの公式アプリなどを検討すべきです。

掲載されている店舗数で選ぶ

あらかじめ食べたいジャンルが決まっていないような場合であれば、幅広いジャンルが掲載されている総合型のデリバリーアプリがおすすめです。

総合型の代表的なデリバリーアプリと言えば、出前館やUber Eats、menuやLINEデリマなどの大手主要サービスが挙げられますが、特にこだわりがないようであれば、より掲載店舗数の多いアプリを選んでおくのが無難でしょう。

配達可能エリアで選ぶ

到着までの時間や配達可能なエリアかどうかなども、意外と見落としがちなポイントのひとつです。

いざ気になる店舗を見つけたとしても、配達エリアの範囲外である場合や配達完了までに膨大な時間を要する場合などもあるため、店舗の検索ストレスや無駄な手間を省くためにも、配達エリアのチェックは事前に済ませておきましょう。

送料や手数料で選ぶ

配達や注文そのものにかかる送料や手数料に関しても、重要なポイントのひとつと言えます。

配達場所や当日の天候状況、注文の合計金額などからも送料や手数料が変動するサービスが多く、条件によっては料理の注文金額よりも手数料の方が高くなってしまうケースがあるため、注文の前には配達料金などにも注意を払っておくべきでしょう。

クーポンやポイントで選ぶ

お得に利用するためには、クーポン特典の有無や利用可能なポイントサービスにも気を配っておく必要があるでしょう。

初回割引クーポンの配布を行っているデリバリーアプリや、楽天ポイントやTポイントを利用することができるアプリなども存在するため、自身の利用しているポイントサービスをフルに活用することで、毎回の注文を安く済ませることができます。

おすすめのデリバリーアプリ5選

ここからは、テレワークや在宅勤務にも最適な、おすすめのデリバリーアプリ5選を簡単にご紹介いたします。

Uber Eats

デリバリーアプリの大手サービスとして比較的知名度の高いブランドと言えば、アメリカ発祥の「Uber Eats」が挙げられるでしょう。

提供エリアは主要都市に限定されてはおりますが、月額課金制の定額プランを契約することによって毎月の送料が無料になるサブスクリプションプランの提供などが魅力です。

出前館

国内のデリバリーアプリに関して言えば、テレビCMなどでもお馴染みの「出前館」が挙げられるでしょう。

圧倒的な掲載店舗数と提供エリアの広さが魅力となっており、過去に一度は利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

menu

新興のサービスながら、東京23区の主要地域において徐々にその知名度を高めているのが「menu」というデリバリーアプリです。

現在は東京都内に配達エリアが限定されてはおりますが、今後のサービスエリアの拡大が期待されている注目のデリバリーアプリと言えるでしょう。

LINEデリマ

メッセージングアプリのLINEが提供している「LINEデリマ」も、利用者数の多いデリバリーアプリとして有名です。

慣れ親しんだLINEのトーク画面からスムーズに注文を終えることができるうえ、注文の決済には同社の電子決済サービスであるLINE Payを利用することができます。

POTLUCK

ランチタイムにおけるテイクアウト需要にスポットを当てた「POTLUCK」は、飲食業界におけるサブスクリプションモデルの成功事例です。

月額課金制のサブスクリプション契約のみとはなりますが、1日2回までのお弁当の注文が可能となるため、革新的なサービス形態であると言えるでしょう。

デリバリーアプリとの提携は店舗メリットも大きい

デリバリーアプリとの連携は、ユーザー側のメリットだけではなく、店舗側にとってのメリットも非常に大きいものがあります。

特に近ごろでは、新型コロナウイルスの影響などにより、外食産業全体においても、デリバリーやテイクアウトへの事業参画を進める店舗が増えています。

Uber Eatsなどはアプリの提携にかかる手数料無なども安価に設定されているため、個人経営の飲食店などにおいても積極的な導入をおすすめします。


ウーバーイーツの配送料に注目!サブスク導入で店舗もユーザーもメリット?
飲食店のサブスクリプション導入とは?事例やメリットを紹介

まとめ

今回は、デリバリーアプリの選び方のコツや、おすすめのデリバリーアプリについて簡単にご紹介いたしました。

今後のアフターコロナ、ウィズコロナにおける生活様式の変化なども考慮すると、デリバリーアプリの普及などは、今後ますます加速していくものと思われます。

デリバリーアプリとの連携は、ユーザー側にとってのメリットだけではなく、店舗側にとってのメリットも大きいため、興味のある方はぜひ一度、店舗におけるデリバリーアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事一覧

コラム

経営者の悩み「売上低下・コスト・資金繰り・人材育成…」を解決する考え方とアクション

飲食店経営者が頭を抱える5つの問題といえば、「売上」「コスト」「資金繰り」「人材育成」「ブランディング」にまつわるものでしょう。これはどの業界のトップであっても直面する問題です。 本記事では、5つの問題への向き合い方と、解決に向けた具体的な方法を説いていきます。

売上改善・売上アップ 資金調達 業務改善
2019.11.21
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の料金や手数料は?】仕組みやメリットも理解できる徹底解説!

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の気になる料金や手数料にも注目!】新型コロナウィルスで需要が高まるウーバーイーツの仕組みや特徴とともに、メリットを配達パートナー、ユーザー、加盟店である飲食店の目線からご紹介していきます。また、気になるウーバーイーツの料金や手数料もご紹介。外食控えが増えているなかで、飲食店にとってもコロナの売上対策となるウーバーイーツが注目されています。消費者も飲食店もチェックしておきたい内容です。

飲食店 レストラン・カフェ 売上改善・売上アップ
2020.03.09
コラム

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店】店舗登録の方法やメリットを解説!コロナで需要増?

【ウーバーイーツ(Uber Eats)の加盟店側情報を解説】ウーバーイーツの店舗である加盟店について解説。コロナウィルスでの影響で飲食店の集客が苦戦する一方で、消費者はウーバーイーツへの注目が高まっています。ウーバーイーツの加盟店に関する概要、コスト、店舗登録方法を中心に解説していきます。どうしたら加盟店として店舗を登録できるのでしょうか。ほかにもデリバリーサービスがあるなかで、なぜウーバーイーツが特に注目されているのでしょうか。その秘密を紐解いていきましょう!

集客改善・集客方法 飲食店 レストラン・カフェ
2020.03.19
コラム

ウーバーイーツの評判や口コミに注目!悪い評判はどんな内容?

ウーバーイーツ(UberEats)の評判や口コミに注目!今注目が集まっているウーバーイーツですが、その評判や口コミもチェックしておきたいところ。このページでは、ウーバーイーツに関する良い評判(口コミ)、悪い評判(口コミ)について双方をご紹介していきます。これからウーバーイーツへの加盟店登録を検討している飲食店にとっても参考にしておきたい世間の反応をまとめてご紹介していきます!ぜひチェックしてみてください。

飲食店 インバウンド レストラン・カフェ
2020.04.01

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。