お問い合わせ

d払いとメルペイのQRコードが共通化!メルペイの決済手数料は引き上げへ

キャッシュレス決済の中でも、スマートフォンひとつで決済ができ、非対面決済でウイルスなどの感染予防に繋がると注目を集めている「QRコード決済」は、ここ数年で利用者が急増しています。 さまざまなQRコード決済サービスが登場している中、dポイントがたまる「d払い」と、フリマアプリのメルカリの子会社から提供されている「メルペイ」が共通化し、統一のQRコードで利用できるようになります。
本記事では、今回発表されたd払いとメルペイのQRコード共通化やキャンペーン情報なども紹介していきますので、既にd払いもしくはメルペイの加盟店の店舗や導入を検討している店舗はチェックしておきましょう。

d払いとメルペイのQRコードが共通化へ

2020年9月からNTTドコモが提供している「d払い」と、メルカリの子会社提供する「メルペイ」のQRコードが共通化されます。 店舗の利用に向けて、2020年7月1日(水)から統一のQRコードの申し込み受付を開始し、9月の初旬から店舗でd払いとメルペイがひとつのQRコードで使えるように発送する予定です。

今回の統一QRコードを使って店舗で決済を行うには、d払いとメルペイが統一されたQRコードをユーザーが読み込み支払い金額を入力することで決済が完了します。ただし両サービスが連携されているわけではないので、注意しましょう。

d払い

d払い

キャッシュレス決済「d払い」導入でdポイントがおトクにたまる、つかえるお店に!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

d払いとメルペイの決済手数料も共通に!

今回d払いとメルペイが共通のQRコードになることで、店舗が負担する決済手数料も2.6%に統一されます
d払いとメルペイが共通化する前の決済手数料は、d払いは3.24%、メルペイは1.5%としていました。d払いは決済手数料が下がりますが、メルペイの決済手数料は引きあがります。以前からメルペイを利用していた店舗からすると、決済手数料が引き上がり痛手と感じているかもしれませんが、その分d払いの手数料が下がっていると考えればむしろメリットとも捉えることもできるでしょう。

d払い

d払い

キャッシュレス決済「d払い」導入でdポイントがおトクにたまる、つかえるお店に!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

決済手数料無料キャンペーン開催!

店舗にd払いとメルペイの統一QRコードの導入に向けて、それぞれの決済サービスで決済手数料実質無料のキャンペーンが行われます。現時点でメルペイの加盟店もしくは、新規加盟店向けのキャンペーン対象となり、d払いの加盟店、新規加盟店向けのキャンペーンは発表されていませんので、キャンペーン内容については随時チェックしておくようにしましょう。

【キャンペーン期間】
・メルペイ:2020/9/1(火)~2021/6/30(水)
・d払い:共通QRコード提供開始日~2021/3/31(水)

【キャンペーンの対象】
・新規加盟店の場合:2021年6月30日(水)までに加盟店登録を完了させた店舗が対象
・2020年6月30日以前から加盟店の場合:新規約に同意後、対象
・「JPQR」でメルペイを利用しており、ユーザーがQRコードを読み込んで決済を行う「ユーザースキャン方式」の場合

【対象になる決済】
・メルペイが提供している「店舗用のアプリ」での決済
・メルペイのコード決済である「ユーザースキャン方式」での決済
・d払いでの決済

入金手数料の無料条件も変更

メルペイでは、売上金額の振込の際に必要になっていた入金手数料の無料条件を引き下げることを発表しています。通常は、入金の合計金額が10万円未満の場合200円の入金手数料が発生していたところ、2020年7月末締め分の入金から、合計1万円以上の入金金額であれば入金手数料が無料になります。ただし合計の金額が1万円未満の場合、200円の入金手数料が発生します。

d払いとメルペイの統一QRコードの導入で、店舗でキャッシュレス決済サービスを利用するのに必ずといっていいほど必要になっていた、入金手数料や決済手数料の負担を軽減することができるので、継続的に利用しやすくなっています。

メルカリではdポイントも利用可能に

メルカリとNTTドコモが業務提携をしていることから、2020年6月11日からフリマアプリである「メルカリ」でドコモのポイントサービス「dポイント」が利用できるようになっています。
メルカリがdポイントの加盟店になったことで、メルカリの購入金額に対して最大1.5%のdポイントが付与されたり、メルカリで商品を購入する際にdポイントを利用することも可能です。
メルカリでdポイントを利用することで、さらにお得に利用ができるようなキャンペーンも開催しているので、利用する方はキャンペーン内容を確認しておきましょう。

一部のドコモショップでは、メルカリの包装や配送サポートを行う「メルカリ教室」も行っているので、初めてメルカリを利用した方も安心して配送までの工程を行うことができます。

店舗はd払いを導入しておくほうがメリットは大きい

現時点で、ユーザー数が500万人突破しているメルペイに比べ、d払いのユーザー数は2,500万人を突破しています。ユーザー数だけを比較しても圧倒的にd払いを利用している方は多く、いままでメルペイのみを導入していた店舗はこの機会にd払いをに対応できるようにしておくことで集客にも役立てることができます。
さらにd払いを導入しておくことで、dポイントがたまり使うことができるお店としてアピールもできるので、ドコモユーザーの獲得にも繋がります。
メルペイは、2019年2月13日からサービスの提供が始まり約1年弱経ちますが、今回の業務提携により他のQRコード決済より破格だった1.5%の決済手数料が2.6%にあがっています。今後も手数料だけでなくサービスの内容などが変動する可能性も考えられるので、d払いの導入しておくことで安心してQRコード決済の利用ができると考えられます。

d払い

d払い

キャッシュレス決済「d払い」導入でdポイントがおトクにたまる、つかえるお店に!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

まとめ

今回は「d払い」と「メルカリ」から共通のQRコードが登場することや、決済手数料や入金手数料のキャンペーンについても詳しく紹介していきました。
NTTドコモとメルカリの業務提携により、国内最大級の顧客基盤が作られ今後もさまざまななサービスの提供が予想され、さらにドコモとメルカリの関係が密接になっていくでしょう。
いままでd払いもしくはメルペイを利用していた店舗は、共通QRコードの申し込みを忘れないようにしておきましょう。そして、まだd払いやメルペイを導入していない店舗は是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

d払い

d払い

キャッシュレス決済「d払い」導入でdポイントがおトクにたまる、つかえるお店に!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

詳しく見る

おすすめ記事一覧

コラム

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。

居酒屋・バー 認知拡大 飲食店
2019.11.18
コラム

統一QRコード「JPQR」って?参加決済事業者やメリットを調査!

複数のQRコード決済サービスをひとまとめにすることができる「JPQR」について、メリット・デメリットや対応している決済サービスを紹介していきます。申し込み方法も紹介していますので、検討の店舗は必見です!

飲食店 キャッシュレス 集客改善・集客方法
2020.06.11
コラム

Cloud Pay(クラウドペイ)は複雑な決済サービスを一括で対応!マルチ決済端末を徹底解説

複数のQRコード決済がひとつにまとまる「Cloud Pay(クラウドペイ)」とは?便利で業務効率化にも繋がりメリットが豊富です。費用面や入金サイクル、導入方法についてもまとめています!

生産性向上 キャッシュレス 業務改善
2020.07.16
コラム

マルチ決済サービスで対応可能な決済方法・種類、導入メリットを徹底解説!

マルチ決済を導入すると何の決済に対応することができる?マルチ決済に対応できる決済の種類や導入によって店舗にどのようなメリットがあるのかなど詳しく紹介していきます。

集客改善・集客方法 店舗 飲食店
2020.07.31

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。