お問い合わせ

コスト削減で考えるべきこと【事例付き】 ポイントと実施手順

コスト削減は経営を行う上で、とても重要な項目であり、切っても切り離せない関係です。
なぜならコストを削減することで利益が増え、その増えた利益分を従業員へ還元したり、事業の成長へと投資することが可能になるからです。
しかし「コスト削減をいざやろう」と思っても、実際にどうやっていいのかわからず、無駄を発見できないままコストを垂れ流してしまうケースも珍しくありません。
そこで今回は、コスト削減の目的や各コストの削減方法を事例を交えて解説します。

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

コスト削減とは?

企業におけるコストとは、事業を行う上で必要な経費のことです。
コストの中には家賃、人件費、通信費、水道光熱費などの見えるコストの他、工数やコミュニケーションなどの見えないコストが存在します。
ここでは、コスト削減の意味や目的、効果などについて詳しく見ていきましょう。

コスト削減の意味・目的

コスト削減とは名前の通り、固定費としてかかってくる家賃や通信費などのコストを見直して、無駄な経費を削ることをいいます。
コスト削減の目的は、企業の利益を増やすことです。
企業は利益を上げることで会社を成長させます。そして利益は「売上ーコスト」で表されます。つまりコスト削減によって利益が増えれば、手元に残る資金が増えるため、その余剰利益を投資にまわすなど、さらなる会社の成長に活用することができるのです。

コスト削減の効果

コスト削減と聞くと人件費カットのためのリストラなどが連想され、ネガティブなイメージを持たれる事もあるでしょう。
しかし、人件費以外のコスト削減に目を向けると、現場業務の効率化や生産性向上に繋がる側面がたくさんあります。例えば、現場でコスト削減の意識が浸透すれば、社員が社内に潜むその他のコストに気づける場面も出てくるでしょう。
また、新卒・ベテラン問わず、社内の無駄に気づいた人間が気軽にコスト削減を提案できる環境を作ることで、会社全体の風通しも良くなり、コミュニケーションの活性化にも役立ちます。

そもそもコストとは?

 

コストを細かく分けると、社員に支払う給与などの人件費、水道光熱費などのエネルギーコスト、家賃などのオフィスコストといったように様々な項目に分けれます。ここでは、各コストの詳細と削減ポイントを詳しく見ていきましょう。

人件費

人件費には、毎月支払う給与の他に残業代や通勤手当も加算され、企業にとって大きなコストの一つとなります。
会社の売上に対する人件費の割合を表す「人件費率」は、業種によって異なり、卸売業では11%、製造業では29%、サービス業では42%となっています。 

「人件費」の削減ポイント

人件費は、日々の業務を効率化し、不要な仕事を減らすことで削減していくことが可能です。
例えば、経費精算システムの導入で経理作業を簡略化したり、バックオフィス業務をまるごと依頼できる「オンライン秘書」などのサービスを活用すれば、現場スタッフの負担も軽減できます。
業務の効率化や外注化が進めば、残業代の支払いもなくなり、結果的に
人件費削減に繋がります。 

エネルギーコスト

エネルギーコストは、電気、水道、ガスなどの水道光熱費と、暖房に使用する石油や、自動車に使用するガソリンなどが対象となります。
毎日のように使用する水道光熱費は、日々節約することで大きなコスト削減につながります。ここではそれぞれの項目でどういった削減方法があるのかを具体的に見ていきましょう。

「照明」のコスト削減

コスト削減で特に注目したいのは、電力コストのうち約40%を占める「オフィスの照明の削減」です。
具体的な削減方法としては、LED照明がおすすめです。LED照明は発光性に優れており、最大で85%の電気消費量を削減できます。また、寿命が長い点も特徴で、白熱電球が約1,000時間のところ、LED照明は約40,000時間も寿命があるため、電球切れによる交換の頻度が少なく、それにかかる手間やコストが軽減されます。
>>【LEDレンタル】最大85%削減!初期投資なしで電気コスト削減

「水道代」のコスト削減

水道代の節約には蛇口に設置するだけで50%以上の節水効果を発揮する「節水コマ」がおすすめです。
水の通り道が細くなる専用のコマを蛇口に装着することで、従来と変わらない水力を保持しながら、大幅な節水効果を期待できます。
>>【店舗・法人向け】節水コマってどんなもの?水道代を節約するための必須アイテム

>>年間60万円の水道代を36万円に大幅削減!?その方法が簡単すぎた!

「電気代」のコスト削減

既存の大手電力会社(東電・関電など)を使っているのであれば、新電力への切り替えの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか?
スマホとのセット割やガソリン代が安くなるなど、新電力各社で独自性の高いお得な特典を用意しているので、店舗にあった電力会社を選んでみましょう。事業者さまにおすすめなのは、お店や法人向けの格安プランがあるハルエネでんきです。
>>【人気記事】飲食店・法人向けの新電力を比較してコスト削減!各社のメリット・デメリットとは?

>>【ハルエネでんき】グループ26店舗に導入で100万円以上のコスト削減
 

オフィスコスト

オフィスコストには、家賃や事務用品代、印刷代、OA機器(PC・コピー機など)のリース費用などが該当します。毎月発生する賃料などの固定費は、一度削減できれば変動することがほぼないので、中長期的なコスト削減が見込めます。

「家賃」のコスト削減

家賃コストを下げるためには、不動産オーナーに家賃の減額を交渉するのもおすすめです。その際、自分で交渉を行うと不動産オーナーとの関係がこじれる危険性もあるので、自分の代わりに家賃交渉をしてくれる代行サービスを検討してみましょう。不動産や法律の専門家が、周りの家賃相場を調査し、根拠のある提案資料を用意してくれるので、不動産オーナーとの関係もこじれることがなく安心です。
>>【賃料適正化サービス】月額賃料を50万円以上削減の実績あり

>>【新規記事】賃料適正化サービスとは?利用するメリットは?

>>【コロナで家賃交渉】家賃減額のための準備や今やるべきこととは?

「印刷代」のコスト削減

印刷代の節約には、資料のクラウド化を進めるのがおすすめです。
近年は契約書などもクラウドで作成・締結・管理できるサービスが登場し、書類を印刷して社内に残すという文化が少なくなってきています。
営業資料や提案資料もクラウドに保管することで、無駄な印刷代がかからず、WEB環境があればどこにいても資料の確認ができるため、コスト削減や生産性向上も期待できます。
>>【紙も印鑑も必要ない】クラウド型電子契約サービスをチェック!
 

IT機器・システムコスト

近年は、業務を行う上でパソコンが必要不可欠ですし、業種によってはタブレットや携帯電話を活用している事業者さまもいます。
これらのIT機器も立派なコストになるため、仮に事業縮小などで使われないIT機器が出てしまうと、支払った額に対するリターンが得れなくなってしまいます。
またシステムコストとは、ハードウェア機器やソフトウェア、ネットワーク利用料に加えて、開発・運用管理業務などを委託するために支払っている費用をさします。

「IT機器・システムコスト」の削減ポイント

IT機器コストの削減には、自社で機器を購入するのではなく、リース機器の使用を検討してみましょう。
近年は、経済状況の変化も激しく、事業の拡大・縮小を柔軟に行う必要性が高まっています。そこで、都度PCを購入していてはコストがかさんでしまうため、リース契約に切り替え社員数にあわせてその都度、リース数量を調整するという方法がおすすめです。
システムコストに関しては、外部委託内容を精査するのがおすすめです。例えば、過剰委託内容の見直しや、複数社で見積もりをとって価格の妥当性を評価するなどをしてみてもよいでしょう。
その他、投資は必要ですが、低コストを実現する新技術を導入し、中長期目線でコスト削減を検討することも考えましょう。

オペレーションコスト

オペレーションコストとは、物流費用や商品ロスの費用、そして人件費などが該当します。例えば、バックヤードで行われる入荷検品や値札付け、売り場で行われる商品陳列や商品補充のほか、レジ作業などもオペレーションコストになります。
これらは決して難しい業務ではないため、作業を単純化・標準化することでコスト削減を図れることが多いです。

「オペレーションコスト」の削減ポイント

オペレーションコストを削減するには、まずは業務プロセスを見直してみるのがおすすめです。物流費用や商品ロスが発生する過程を可視化し、現状の問題点を洗い出し、最適化できる部分を探していきます。
また、前述したようにオペレーションコストは単純化、標準化が図りやすいためシステム導入を行うことで、業務効率があがり結果としてオペレーションコストの削減を実現できます。

コスト削減の手順

 

今まで、各コストの特徴と、削減ポイントを見てきましたが、実際の削減方法を知りたいと思った方のために、具体的なステップをご紹介します。

STEP①:現状を知る

まずは、業務のどういったところでコスト削減ができるかを把握するため、現状を知ることからはじめましょう。
例えば、残業代が多すぎるのであれば、業務委託など外部の人材をスポット的に雇ったり、「オンライン秘書」などのサービスを活用してバックオフィス業務を外部委託することを考えてみてもいいでしょう。
また、思い切って全社員リモートワークを導入すれば、家賃などのオフィスコストを大幅に軽減することができます。

STEP②:「運用面」で改善できるところがないか検討する

現状が把握できたら、運用面の改善ポイントを探していきます。
例えば、物流費用や商品ロスなどのオペレーションコストは、業務が可視化しやすく、改善ポイントもすぐに見つかるでしょう。
人によって作業効率が異なる場合、作業効率に優れた従業員のノウハウを社内で共有することで、全スタッフの作業効率の向上が期待できます。

また、紙を使うのではなく、必要書類はクラウドで管理する方向に運用方針を転換するのもおすすめです。
例えば、契約書などの書類は紙で管理するのではなく、電子契約書サービスを使ってクラウド上で作成・契約・保管をおこないましょう。その結果、印刷・押印・郵送の手間も同時に省くことができます。

STEP③:「設備面」で改善できるところがないか検討する

次に検討すべきは、設備面の改善です。例えば、従業員が増えるごとにPCを買うのでは、いざ人員を削減したときに、購入したPCは場所を取るだけの邪魔物になりかねません。そうした場合を避けるためにリース機器を導入して、設備面の軽量化を図るのがおすすめです。

また、飲食店などでは水道設備に「節水コマ」を導入することを検討しましょう。従来と同じ水力を維持しながら、50%以上の節水効果を発揮するので、水道代の大幅な削減につながります。

コスト削減の事例

 

ワイズクラウドでは、事業者様のコスト削減を後押しするさまざまな商品を取り揃えています。その中でも実際に削減効果を実感できたと声があった事例をいくつかご紹介します。

「節水コマ」で水道代を20%〜30%削減(飲食チェーン店)

水道代に対して何も対策をしていなかった、飲食店を経営する事業者さまに「バブル90(節水コマ)」をご提案しました。
そして、系列10店舗のトイレ、厨房に導入した結果、1店舗20〜35%の削減に成功。早い店舗で 3 か月、遅くとも 1 年以内にコストが回収できる結果が出ています。
>>「節水コマ」のお問い合わせはこちら!

>>【人気記事】飲食店オーナー必見!水道代が高くなる原因とは?!

「節水コマ」で95%以上の節水に成功(部品組立工場)

その他、100円ショップのシャワー蛇口を使用していた工事現場では手洗い場に「バブル90(節水コマ)」を88個設置することで 95%以上の節水に成功。
初期費用は削減分にて、1年半で回収していただけました。
>>「節水コマ」のお問い合わせはこちら!

>>【インタビュー記事】節水コマで年間10万円以上の削減に成功!

「LEDレンタル」で約90万円のコスト削減(都内飲食店様)

LEDを導入する前は1日12時間、30日営業の店舗で1か月の照明コストに「83,520円」かかっていましたが、LEDに切り替えてから1か月の照明コストがなんと「8,352円」に。
これは1年間に換算すると「約90万円のコスト削減」につながり、経営全体の見直しに大きく貢献しました。LED照明は頻繁な交換が不要で、虫などが寄りつかないので飲食店様にはとても喜んでいただけました。
>>「LEDレンタル」のお問い合わせはこちら!

「クラウドスタンプ」で契約締結を円滑に(電子商取引業)

月間約100社の新規取引先が発生しており、印紙税が約40万円に。
各担当者が紙で送付し、返送の管理を行っていたため、契約書管理が煩雑になっていた事業者さまが電子契約書の「クラウドスタンプ」を導入。
その結果、印紙税40万円分と郵送費を削減することに成功。クラウドに管理が統一されて業務効率も大幅に改善しました。
>>「クラウドスタンプ」のお問い合わせはこちら!

「賃料適正化サービス」で33.0%の削減に成功(教材販売会社 オフィス 大阪)

大阪にオフィスを構える教材販売を行っている会社様では、サービス利用前まで月額166万8,000円のオフィスコストがかかっていました。
そこで「賃料適正化サービス」を利用したところ月額129万9,600円に家賃が抑えられ、なんと36万8,400円の削減に成功。年間削減額は、約442万円におよびます。
>>「賃料適正化サービス」のお問い合わせはこちら!

>>賃料適正化サービスとは?利用するメリットは?

>>【コロナで家賃交渉】家賃減額のための準備や今やるべきこととは?

まとめ

ここまで、コスト削減のポイントと実施手順を具体的に解説してきました。
実際にコスト削減をしようと思っても、そもそも方法がわからなかったり、どこから手をつければよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。
今回ご紹介した削減方法以外にも、ワイズクラウドではお客様にあった効果的削減方法を多くご提案可能です。
専門コンシェルジュが無料相談を受け付けておりますので、まずは気軽にお問い合わせください。

>>【飲食店・美容室など】店舗のコスト・経費削減に効果的な6つのアイデアを紹介!

コスト削減ガイドブック

コスト削減ガイドブックを無料公開!

【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減

ダウンロードはこちら

おすすめ記事一覧

コラム

保育士処遇改善に効果的!使いにくいのは過去のこと?アップデートを続けるコドモンとは?

処遇改善手当として有名な、保育士の処遇改善のために厚生労働省が方針を定めて加算を行う制度。より待遇を改善するために園を運営・経営する側が考慮すべきなのが保育ICTシステムの活用です。保育士の処遇改善に効果的なコドモンをご存知でしょうか?コドモンは以前までは使いにくいという評判を見かけることがあった人も多いかもしれません。しかし、日々進化・アップデートを行っているのが、保育ICTシステムです。現状はどうなのか?どのくらい効果があるのか?ぜひ保育ICT化の参考にしてくださいね。

デジタルトランスフォーメーション(DX) 生産性向上 業績管理
2018.05.15
コラム

保育ICTシステムのコドモンで保育園の事務作業を一気に効率化!

保育士の業務として負担が大きい、保育料の計算や監査対策。日々の日誌作成や保育の指導案作成などの事務作業もこれまでは時間がかかる作業でした。コドモン(CoDMON)は、指導案作成や日誌作成、園だよりや保護者へのプリント配布、園児の登降管理や登降に基づいた保育料の計算や請求など事務作業にかかる時間を1人あたり20時間も削減することが可能です。業務効率化によりより良い保育ができるうえ、コスト削減にもなる保育ICT化。ぜひコドモンでより良い保育の時間確保を行ってくださいね。

生産性向上 業務改善 業務効率化
2019.10.18
コラム

Googleマイビジネスの口コミが店舗集客において重要な理由とは?メリットや特徴、注意点を解説

ビジネスを効果的にアピールできる方法として、Googleマイビジネスの口コミ機能を活用することが重要視されてきています。本記事では、Googleマイビジネスの口コミ機能の重要性とメリットや活用法について解説します。これからGoogleマイビジネスを始める方はもちろん、より効果的に活用したい方もぜひ参考にしてください。

認知拡大 美容院・美容サロン オフィス・事務所
2020.02.03
コラム

Googleマップの口コミを削除したい!削除方法と評価を上げるコツを伝授

Googleマップに登録している自店のページに「ネガティブな口コミが書かれている」「できるなら口コミを削除したい」このような口コミの風評被害に頭を抱えるオーナーは少なくないのではないでしょうか。今回は、Googleマップの口コミを削除したいと考えるオーナーへ向けてGoogleマップの口コミに関する概要から口コミの削除方法と注意点、評価を上げるコツについて詳しく解説します。現在自店のGoogleマップに投稿されているネガティブな口コミに悩んでいる方や、口コミの評価を上げていきたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

飲食店 居酒屋・バー 美容院・美容サロン
2020.02.06

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。