お問い合わせ

【PBXの種類解説】できることや仕組みについても詳しくご紹介します!

「PBX」という言葉を耳にしたことある方も多いのではないでしょうか。PBXとは、法人電話における複数の電話機を統合するシステムのことを指します。
基本的にはオフィスなどに設置され、社内の各場所に設置された電話機を1つに繋げることで利用することができます。
そんな便利なPBXについて仕組みや種類などを詳しく解説していきます。

PBXとは

まずは、PBXとはどんなものなのかをみていきましょう。
PBXとは、法人電話において社内の各場所にある電話機を統合するシステムのことを指します。統合することで、さまざまな機能を利用することができ、業務効率化を図ることが可能になります。

従来のビジネスフォンの場合、外出先で電話をとることはできませんでしたが、PBXであれば、電話機同士をインターネットに繋げることによって、外出先での受電も可能になります。

クラウドPBXとは?価格や導入費用はもちろん、機能や業界シェア・ビジネスフォンとの関係まで

PBXの種類

PBXには、IP‐PBXとクラウドPBXの2種類があります。それぞれ特性が違うため、どういった違いがあるのか確認していきましょう。

IP-PBXとは

IP‐PBXとは、オフィス内での電話で内線・外線通話を可能にするIP電話機のことを差します。すでにオフィス内で構築されているネットワーク上にIP電話機を接続したのち、LANケーブルと内線電話機を結合させることで、コストを削減することができます。

またIP‐PBXは、従来のように何台も電話を設置する必要がなく、1台のみで対応可能。工事費を下げることができ、運用も簡単になります。内線電話で通話が可能になり通話コストも削減することができるでしょう。
そのほかにも、通話を録音できる機能があるためお客様との通話内容を残しておくといった機能もあります。

【完全保存版】IP電話、PBX、ビジネスフォン、クラウドPBXの違いを徹底解説!会社電話の導入基礎

クラウドPBXとは

クラウドPBXとは、インターネットを経由して利用する電話のことで、世界中どこでもインターネット環境さえあれば利用することができます。クラウド上にサーバーを設置するため、機器の設置がいらないという特徴があります。
また専用のアプリをダウンロードすることで、スマホでの利用が可能となるため利便性が高い点も大きなメリットの1つです。

PBX(電話交換機)とは?仕組みと機能やビジネスフォンとの違いも解説!

最近の(IP・クラウド)PBXのシェアや導入傾向

法人電話は、PBXの登場によりビジネスフォンから移行され、その後IP‐PBXへ移行し、現在はより利便性の高いクラウドPBXへと移行が進んでいます。

在宅勤務が加速されている今、自宅でも電話対応できるクラウドPBXは急激に移行されています。この流れは今後も続いていくと予想されており、将来的にはクラウドPBXが主流になっている可能性が高いと言えるでしょう。

オフィスリンク、CLOUD PHONEなどクラウドPBXメーカー・サービス一覧

クラウドPBXのメリット



クラウドPBXのメリットはいくつかあります。代表的なメリットを以下でご紹介していきます。

コスト

まずはじめにコスト面です。通常PBXの場合、導入の際に機器を設置する際や設定変更時に費用がある程度かかりますが、クラウドPBXの場合そういった費用を大きく削減することができます。また、運用コストも大幅に削減することができるでしょう。

利便性の向上

次に、スマホでの利用が可能になりカスタマイズの自由度が高いことが挙げられます。社用電話がスマホになることで、ネット環境さえ整っていればどこでも利用することができます。

管理がしやすくなる

そして最後に、複数拠点の管理が楽になることです。機器の設置がいらず、ネットワーク上で完結することができるためです。
コストが削減でき、スマホでの利用も可能で管理が楽になるのはクラウドPBXだからこそのメリットと言えるでしょう。

外出自粛で導入が進む「テレワーク」とは?導入に必要なツール・注意点もチェック!

クラウドPBXのデメリット

反対に、クラウドPBXのデメリットにはどのような点が上げられるのでしょうか。

通信環境に左右される

インターネット環境を利用するため、ネットの通信状況によっては音声が左右されてしまうことです。通信環境が不安定な場所での利用は、音声が途切れてしまう可能性も否定できません。しかし、スマホであれば場所を移動することで解決できる点も踏まえると、大きなデメリットとは言えないでしょう。

発信できない番号がある

また、発信できない番号があることもデメリットとして考えられます。例えば、110や119などの緊急電話や117などの3桁番号には発信することができません。とはいえ、万が一の緊急時には私用の電話からかければ問題ないので、こちらも解消することができるでしょう。

電話番号が変わる可能性

最後に、導入時に電話番号が変わってしまう可能性があるという点。今までの番号を引き継ぐことができるLNPサービスが利用できないケースがあります。
番号が変わってしまうケースは、固定電話の契約がNTT東西日本の範囲にない場合や、IP電話に対応していない場合です。ただし、対応しているかどうかはキャリアに直接確認するほうが確実です。この点だけは、唯一のデメリットかもしれません。

クラウドPBXのメリット・デメリットまとめ

クラウドPBX導入の流れ

クラウドPBXの導入は非常に簡単です。
どのクラウドPBXによって導入までの流れは多少異なりますが、大半はまずは申し込みを行い、各種設定をすることで利用が可能になります。スマホで利用する場合も、アプリをダウンロードし、必要事項を設定することで利用可能になるため、導入の手間はほとんどないと言えるでしょう。

クラウドPBX導入の注意点・ポイント

クラウドPBXを導入する際、注意すべきポイントがあります。クラウドPBXはインターネットを利用する関係上、セキュリティー面がしっかりしているものを選ぶ必要があります。機能やコスト面を重視しがちですが、不正アクセスやウィルスからしっかりと守ってくれる、セキュリティーの高いものを選ぶことが大切です。

RPAの導入で在宅ワークの管理もスムーズに!【新型コロナ対策】

クラウドPBXのおすすめ

クラウドPBXに関する解説を進めてきましたが、最後におすすめのクラウドPBXとして「CLOUDPHONE」をご紹介します。
CLOUDPHONEは、スマホが会社電話の子機になるため、転送電話の通話料が無料になり通話の録音が可能。同一都道府県内であれば、電話番号を変えることなく利用でき、大幅にコスト削減しながら利便性を高めることができます。また、高いセキュリティーで管理されているため安心して利用できるでしょう。
CLOUDPHONEの詳細や費用感に関しては以下のページでチェックしてみてくださいね!


≫CLOUDPHONEの料金・機能

まとめ

クラウドPBXは、コストを抑えて導入することができ、業務効率を図ることもできるでしょう。
クラウドPBXを導入する際は、そのメリット・デメリットも把握したうえで検討したいところです。
様々な種類のクラウドPBXが展開されていますので、是非比較してみてください!

当サイトではクラウドPBXに関するコラム記事の掲載や無料相談も行っています。せひご活用ください。

店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

導入事例

対応がとてもスピーディーで、導入後のフォローも手厚いので安心して業務に臨めています。

環境改善 業務効率化 業務改善
2017.05.23
導入事例

ネットワーク構築から各種機器の調達まで一本化して任せられたので安心でした。

オフィス・事務所 生産性向上 環境改善
2017.05.23
コラム

クラウドPBX徹底比較!デメリットを解消してコストを抑えよう

会社や店舗を経営していく中で、電話対応というのは必ず発生するものです。これまでオフィスに設置したビジネスフォンを使って対応することが当たり前でしたが、最近では働き方が多様化したのに合わせて、電話活用法も変わってきました。中でも、これまで社内のみで対応していた内線・外線電話を外出先でも受けたりできる「クラウドPBX」に注目が集まっており、多くの企業が導入を進めています。「クラウドPBX」とは、どういったサービスなのでしょうか。メリットやデメリットも踏まえて、詳しく解説していきます。

クラウドPBX 経費削減
2020.03.24
コラム

IP PBXを徹底調査!通信費を抑える仕組みやメリットデメリット、導入の流れを解説

コミュニケーションのオンライン化が進んでいる現代でもビジネスの場では、社内外に関係なく固定電話を利用している企業は多いですよね今回は、ビジネス電話の主流になっている「IP PBX」とは何かや、IPPBXが企業にもたらすメリット、導入過程などを徹底調査しました。IPPBXの導入を検討している企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

業務効率化 IT化 クラウドPBX
2020.06.10

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。