お問い合わせ

中国人のマナーへの対処法は?原因となる文化や慣習の違いへの理解が必要

訪日外国人が増加しているなかで、その3割を占めるのが「中国人観光客」。消費額も多いため、インバウンド対策を考える上で重要な鍵になります。しかし、中国人はマナーが悪いという声もよく耳にしますよね。そこで今回は中国人のマナーについて考えていくとともに、効果的な中国人観光客の集客についても解説していきます。

中国人はマナーが悪い?

中国人はマナーが悪いというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。電車内や街中で大きな声で話す、歩きたばこなど、実際に目撃したことがある方もいるでしょう。店舗においても、こうした中国人のマナーが悪いことに頭を抱えている場合も少なくありません。
しかし、そもそも中国という国での習慣や常識、国民性や文化に違いがあるからこそ生じている問題といえるのです。
まずはこうした違いについて、確認していきましょう。
》人気記事:中国人観光客の特徴に注目!春節後の動向はどうなる?

中国のマナーは文化や国民性の違いが原因

中国の屋台をイメージした画像
中国の生活習慣や行動の原因は、国の文化や考え方による違いから起こっています。日本との文化や考え方が違うため、単純に中国人のマナーが悪いとして片付けることはできません。以下で代表的な中国人の習慣や行動を理解して、文化や考え方の違いを認識しておきましょう。
また、注意したのが中国人全体がマナーが悪いというわけではありません。なかには礼儀やマナーを守っている方もいますので、中国人全ての方が以下に該当するわけではないということも念頭におきましょう。

中国では朝から屋台や市場が道路に並ぶ

中国では、屋台や市場が多く展開されていて、道路上に多くの屋台が並んでいることも多くあります。値段も手頃に設定されているため、朝食を屋台で済ませるという方も多くいるくらいです。

ゴミの分類がない

中国ではゴミの分別という概念があまり強くありません。ゴミは回収できるものと回収できないものとして分別するのが一般的なので、日本のように細かくゴミを分けて出すというような発想もないでしょう。
また、ポイ捨てにも問題意識がないようです。

ホテルなどの宿泊施設

中国では、分煙が習慣化されていないため、ホテルの部屋でも喫煙か禁煙かということはあまり問題になりません。また、備品などの持ち帰り対策として、チェックアウト前に、部屋の中のチェックが行われることも多いです。

エスカレーターの並び

中国ではエスカレーターは右側に立ち、左側を開けるのが一般的。日本の関西地方と同様ですが、関東や首都圏では左側に立ち、右側を開けるのが慣習なのでこの点も大きく違う所と言えます。

タバコ

中国では禁煙や喫煙という分煙が進んでいないため、至るところで喫煙しています。歩きたばこ多く見受けられることやタバコを購できる年齢に厳格な制限もありません。大きな都市では、公共の場所では禁煙とされていますが、広く認知されていないこと、分煙に慣れていないため、あまり普及されていないのが現実でしょう。

トイレットペーパーを流さない

中国のトイレでは、水圧や紙質などの関係から、トイレットペーパーを流すという概念が基本的にありません。トイレの横におかれたゴミ箱に使用済みトイレットペーパーを捨てることが一般的。訪日の際にトイレットペーパーを流さずに捨てるという行為も、こうした慣習の違いから起こっています。

プライドが高い

中国人はプライドが高く、面子を潰されることを嫌います。このため、中国人の言動を人前で避難したり大きな声で叱責するというなことは避けたほうが良いでしょう。

キャッシュレス大国​

​​​​​​

中国ではキャッシュレス大国として、現金ではなくキャッシュレス決済化が進んでいます。クレジットカードはもちろんですが、特に近年ではスマホ決済が浸透しているのです。そのため、会計の際にこうしたキャッシュレス決済が使えない場合、中国人にとっては不快に感じたり、現金の持ち合わせがないといったケースも生じる可能性があるでしょう。
》中国人の集客に効果的なアリペイやWeChatも使えるStarPayが人気?

日本のマナーや常識を理解していない

中国人を乗せた観光バスが連なっている様子中国人観光客は、団体で訪日する姿をよく目にします。中国人を乗せた複数の観光バスを目にした方もいるのではないでしょうか。団体で訪日する中国人の年齢層は、中高年が多いため、そもそも情報収集を行わないために日本のマナーや常識を理解していないという傾向があるでしょう。若い世代は、日本のトレンドや最新情報を、ウェイボーやInstagramなどを使って情報収集を習慣的に行っているといっても過言ではないはずです。
》ウェイボーってなに?中国人にとっての情報源として注目のSNSサービス

中国人のマナーや常識をまずは理解する ​

​​​​​​

中国の屋台の付近に用意された飲食スペースのイメージ中国の文化や慣習を例に挙げてご紹介しました。こうした文化の違いから、日本人には考えられない行動に結びつく部分が多いようです。そのため、中国人はマナーが悪いという印象がついてくるのでしょう。
しかしまず大切なことは、こうした中国独特の文化や慣習があるということを知っておくこと。そもそもの文化や慣習が違うために、日本の常識やマナーを守れないということもまずは納得できるのではないでしょうか。
そのうえで、中国人にマナーを守ってもらえるような対策を考えていきましょう。

中国人のマナーに対する対処法 ​

中国語での注意書きステッカーをイメージした画像​​​​​​
中国人のマナーが悪いとされる問題について、根本的に解決するためには対策を行っていく必要があります。効果的な対処法を以下で確認していきましょう。

中国語で注意書きをする

特に効果的なのが、中国人のマナーが深刻な内容に関しては該当場所に注意書きを用意すること。トイレの扉に「使用済みトイレットペーパーは流しましょう」、店の入口等に「分煙・禁煙です」、ゴミ箱や施設の入り口などに「ゴミの分別をしましょう」などと、該当する場所に適宜記載してお知らせすることが大切です。
これくらいの中国語であれば、インターネット上でも簡単に調べることができるので簡単に対応できるでしょう。

翻訳サービスを導入

中国語に不安がある方や、中国人に言葉をしっかり理解してもらいたいという場合は翻訳機や翻訳サービスがおすすめです。
しかもこれは中国人のマナーに関してだけでなく、接客やコミュニケーションを取るうえでも重宝します。また、多言語に対応したものも多く提供されているため、インバンド対策を考えている場合は是非取り入れておきたいサービスです。
》翻訳機ならイートーク!その魅力を徹底チェック!

サイト上の店舗情報で注意書きを掲載 ​

​​​​​​

日本の店舗では高級店舗や老舗店舗等、店舗の雰囲気によって張り紙対応ができない場合もあるでしょう。そうした場合は、店舗のホームページや口コミサイト等、情報を掲載しているページに中国語でマナーについてのお願いや注意喚起として掲載しておくという方法もあるでしょう。
中国は口コミ文化が浸透しているため、口コミサイトで店舗を探す場合も多いです。その際にマナーについての記載があると、中国人にとっても伝わりやすいかもしれません。
》中国人は口コミ文化が浸透?中国最大の口コミサイトなら大衆点評!

マナーの問題はあっても中国人観光客の集客は必要

中国人女性が歩きたばこをするイメージ画像
中国人のマナーに対する問題を抱えていても、インバウンド対策や集客対策を行いたい場合は中国人観光客の集客が必要です。
中国人観光客数はどれくらい?
JNTO日本政府観光局のデータによると、2018年の訪日外国人約3,100万人のうち、中国人が約840万人、2019年の訪日外国人は約3,180万人のうち約960万人の中国人が訪日。訪日外国人が年々増加するなかで、中国人が占める割合も拡大してきているのが事実なのです。
(参考データ:国籍/月別 訪日外客数 JNTO日本政府観光局HP)

中国人のマナーへの対策を意識して集客に ​

​​​​​​

中国人のマナーが悪い場合、周りのお客様が不快に感じる場合もあるでしょう。そうした点も考えると、中国人のマナー対策をしっかりと行ったうえで集客対策を行うことがおすすめ。
集客対策として人気なのが口コミサイトへの掲載ですが、こちらは中国人のマナー対策としても使えるはず。
店舗掲載ページに、特に注意したいマナーや常識について、中国語で記載することもできるはず。集客対策として有効サービスですが、同時にこうしたマナーに対する問題の対処法としても使えるので、一石二鳥ですよね!
中国人を集客したいけど、マナーや接客対応が心配という場合は是非試してみてください!

》中国最大の口コミサイトで対策するなら大衆点評!便利な運用代行のシステム紹介

》中国だけじゃない、世界最大の口コミサイトならトリップアドバイザーが効果的!

まとめ

今回は中国人のマナーに関する問題やその対処法をご紹介しました。中国人のマナーは、中国独特の文化や慣習によって生じている問題ということがわかりました。
中国人のマナーの問題の対処法としては、日本での常識やマナーを理解してもらう必要があります。
中国人観光客を集客できるかどうかは今後盛り上がるインバウンドでも大きな差が出てくるはず。集客をしながら中国人のマナーにも対処していけるように準備していくことが理想的と言えるのではないでしょうか。
》人気記事:東京オリンピックは目前!やっておくべきインバウンド対策とは

おすすめ記事一覧

コラム

大衆点評やトリップアドバイザーに登録!集客なら代行サービスが効果的?

外国人観光客の集客を考えるなら、口コミサイトへの登録と運用が効果的。外国人は口コミサイトを参考にして日本の情報を得ています。特にそのなかでもトリップアドバイザーは世界共通で使われている最大規模の口コミサイト。また、中国人観光客の集客を狙うためには個別で大衆点評への登録がおすすめ。今回はこの2つの口コミサイトのサービスを中心にご紹介していきます!

インバウンド 飲食店 店舗
2019.08.15
コラム

【インバウンド対策】増加する訪日外国人が店舗に求める対策とは?

インバウンド対策に注目!2019年の訪日外国人数は3180万人を突破。今後控える東京オリンピックや大阪万博に向けてさらにインバウンド対策に注力したいところ。しかしインバウンド対策とは何かという点やインバウンドに関する知識を深めることがまずは重要です。このページでは、インバウンド対策を中心に解説しながら訪日外国人に求められている対策をご紹介していきます。

集客改善・集客方法 居酒屋・バー 美容院・美容サロン
2019.08.15
コラム

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

東京オリンピックを機に外国人観光客はさらに増加すると見込まれています。近年の訪日外国人数のデータを踏まえながら、外国人観光客を集客に欠かせないインバウンド対策を厳選紹介!新型コロナウィルスの影響で開催されるかという点にも注目が集まっていますが、今のうちに企業や店舗が準備しておくことで、今後の訪日外国人の集客や国際イベント開催時にも役立つでしょう。

飲食店 集客改善・集客方法 インバウンド
2019.11.21
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

飲食店 レストラン・カフェ SNS
2019.11.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。