お問い合わせ

【アウトバウンドとは?】意味やインバウンドとの関連性を解説

アウトバウンドという言葉をご存知でしょうか。このサイトではインバウンドの言葉の意味について、ご紹介しましたが、今回はその対義語となる「アウトバウンド」について。東京オリンピックや大阪万博、増加する外国人観光客を考える上で、インバウンドの反対とも習うアウトバウンドについても理解しておきたいところです。今回は、「アウトバウンド」が持つ言葉の意味や使われるシーンなどをご紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

アウトバウンドとは

海外旅行に必要な日本のパスポート画像
「アウトバウンド」という言葉は、特に観光関連の用語として使われることが多くなってきています。
アウトバウンドとは、「中から外に出る」というニュアンスとして観光関連の場合は日本から海外へ行くことを指します。ビジネス、観光、留学等で海外に行く方がいますが、そうした日本を出国して海外へ赴くこと全体をアウトバウンドと理解するとわかりやすいでしょう。
》【人気記事】東京オリンピックで外国人が増加?効果的なインバウンド対策とは

アウトバウンドの対義語「インバウンド」とは

インバウンドを想起させる外国人観光客が東京観光をしている画像
もしかすると、昨今の日本ではアウトバウンドの対義語である「インバウンド」という言葉の方が馴染みが深いかもしれません。
インバウンドとは、観光関連の用語として「海外から日本へ訪れる人や旅行そのもの」。近年、訪日外国人が増加していることや、東京オリンピックを控える中で頻繁にインバウンドという言葉が使われるようになっているため、その認知も広がってきているでしょう。
》インバウンドの言葉の意味を解説!

アウトバウンドが使われるシーンの違いと意味

コールセンターのインバウンドをイメージした画像アウトバウンドという言葉は観光関連以外にも使われるシーンがあります。もちろん使われるシーンや業界によって意味は異なりますが、「内部から外部へ」という根本的なニュアンスは共通しています。アウトバウンドが使われる代表的な業界やシーンの例を以下で確認していきましょう。

観光関連のアウトバウンド

まずは先にご説明した観光関連のアウトバウンドです日本から海外へ赴くことを指して使います。海外旅行をアウトバウンドと呼ぶこともあるくらいです。例えば、アウトバウンド数というと、海外へ行くために日本を出国した人の数と言えます。

ビジネスでのアウトバウンド

ビジネスシーンでアウトバウンドが使われるのは、テレマーケティングや広告業界が多いですが、この二つの業界での使い方は少し異なります。しかし、ビジネスにおける「インバウンド」が顧客から企業への働きかけにあたるため、その反対がアウトバウンドと理解しておくとわかりやすいかもしれません。

・テレマーケティング

コールセンターやテレマーケティングを行う業界では、自分たちの企業から消費者に対して電話をかけることがアウトバンドとされています。確かに冒頭でご紹介した「中から外へ」というニュアンスがわかりやすいですよね。

・広告業界

自分たちの企業が積極的に宣伝やPRを行うことを指します。テレビCMであったり、ダイレクトメール、WEB広告など、消費者にとっては自分の意志に関係なく情報が飛び込んでくる情報です。一見、効果が薄いように感じられるかもしれませんが、内容やタイミングが合えば、顧客になる機会作りになるのです。

ネットワーク通信関連

ネットワークなどの通信分野においても使われることがあります。
使用しているコンピューターから外部のネットワークなどにアクセスする場合などをアウトバウンド通信と呼び、インターネット検索を始めとしたWEBサービスを利用することも、コンピューター内部から外部へ通信が行われているため、アウトバウンド通信となります。

アウトバウンドとインバウンドの違い

道路標識をイメージしてアウトバウンドとインバウンドや真逆の矢印を立てている画像
アウトバウンドとインバウンドともに、一般的に認知されているのが観光関連の用語になりますが、この二つの違いはそもそも対象になる主体が異なりますね。
アウトバウンドは外国へ行く日本人、インバウンドは海外から日本へくる外国人。
ビジネスとしてターゲットを考える場合、アウトバウンドの場合はハワイが人気でのときには、ハワイのアウトバウンド需要が高いということになります。日本の企業としては、ハワイ旅行のツアーを豊富に揃えること、ハワイに関連したサービスや情報を提供することも効果的になるでしょう。
一方で、インバウンドの場合は日本へ訪日する外国人の集客対策や、快適な環境作り、訪日数が多い国に対して日本や企業を宣伝することが効果的になってくるでしょう。
》【人気記事】外国人観光客に関するランキング!人気の訪問地はどこ?

アウトバウンドの現状

アウトバウンドのデータをイメージした各種グラフの画像

アウトバウンド数

日本の出入国のデータを出しているJNTO日本政府観光局のデータを用いた観光庁によると、2019年の出国日本人数は2,008万人という結果が出ています。2017年から1年毎に100万人増えており、海外への関心が高いことが伺えるでしょう。

LCCが健闘

出国者数が増えていることに関して、LCCと呼ばれる航空会社が浸透して選ばれていることも背景の一つと言えるでしょう。
LCCとは、ローコストキャリアの略であり、従来の老舗航空会社とは異なり、様々な面でコストカットをすることにより、格安な運賃で旅客機を利用できるようにしている航空会社です。これらの台頭により、近隣国への虚構費用を抑えることができるようになりました。また、インバウンドの面でも近隣国から気軽に訪日することができるようになっています。

インバウンドが特に注目されている

日本においては特にインバウンドに関する注目が高まっています。
2018年、2019年ともに訪日外国人数3000万人を突破し、2020年は4000万人を目標としています。昨今では新型コロナウィルスの問題が深刻化している状況ではありますが、東京オリンピック開催予定であるため、これまで以上に多くの訪日外国人が訪れることになるでしょう。
そこに備えてインバウンド対策を行う店舗や企業が増えてきています。このインバウンド対策をするかしないかで、集客や売上にも影響してくるでしょう。
》インバウンド対策に有効な世界のトリップアドバイザー

まとめ

今回は「アウトバウンド」という言葉の意味を中心にご紹介しました。
インバウンドという言葉の認知が拡大してきている中で、対義語でもあるアウトバウンドの言葉もしっかり理解しておきましょう。
》インバウンド対策は何から始めれば良い?まずは無料相談を活用!

おすすめ記事一覧

コラム

大衆点評やトリップアドバイザーに登録!集客なら代行サービスが効果的?

外国人観光客の集客を考えるなら、口コミサイトへの登録と運用が効果的。外国人は口コミサイトを参考にして日本の情報を得ています。特にそのなかでもトリップアドバイザーは世界共通で使われている最大規模の口コミサイト。また、中国人観光客の集客を狙うためには個別で大衆点評への登録がおすすめ。今回はこの2つの口コミサイトのサービスを中心にご紹介していきます!

インバウンド 認知拡大 居酒屋・バー
2019.08.15
コラム

【インバウンド対策】増加する訪日外国人が店舗に求める対策とは?

インバウンド対策に注目!2019年の訪日外国人数は3180万人を突破。今後控える東京オリンピックや大阪万博に向けてさらにインバウンド対策に注力したいところ。しかしインバウンド対策とは何かという点やインバウンドに関する知識を深めることがまずは重要です。このページでは、インバウンド対策を中心に解説しながら訪日外国人に求められている対策をご紹介していきます。

インバウンド 居酒屋・バー 店舗
2019.08.15
コラム

【東京オリンピックを機に外国人観光客が増加】対策や集客はどうする?

東京オリンピックを機に外国人観光客はさらに増加すると見込まれています。近年の訪日外国人数のデータを踏まえながら、外国人観光客を集客に欠かせないインバウンド対策を厳選紹介!新型コロナウィルスの影響で開催されるかという点にも注目が集まっていますが、今のうちに企業や店舗が準備しておくことで、今後の訪日外国人の集客や国際イベント開催時にも役立つでしょう。

インバウンド 集客改善・集客方法 飲食店
2019.11.21
コラム

Googleマイビジネスがインバウンドに有効?飲食店で整えたい対策3選

《Googleマイビジネスインはインバウンド対策に使えるの?》増加する外国人観光客に対して、飲食店が準備しておきたいインバウンド対策に注目!王道の集客サービス、インスタグラムやトリップアドバイザーに加えて、注目のGoogleマイビジネスについてもご紹介!今後のオリンピック開催や大阪万博など、訪日外国人が増加するなかでどのようなインバウンド対策をとるべきなのでしょうか。その選択肢として有効なサービスを厳選してご紹介していきます!

インバウンド 認知拡大 集客改善・集客方法
2019.11.26

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。